海賊

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

海賊/Pirateは、職業にあたるクリーチャー・タイプの1つ。その名の通り海上で略奪行為や犯罪行為を行う。


Kukemssa Pirates / クーケムッサの海賊 (3)(青)
クリーチャー — 人間(Human) 海賊(Pirate)

クーケムッサの海賊が攻撃してブロックされないたび、防御プレイヤーがコントロールするアーティファクト1つを対象とする。あなたはそのコントロールを得てもよい。そうした場合、このターン、クーケムッサの海賊は戦闘ダメージを割り振らない。

2/2


Skyship Plunderer / 航空船の略取者 (1)(青)
クリーチャー — 人間(Human) 海賊(Pirate)

飛行
航空船の略取者がプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、パーマネント1つかプレイヤー1人を対象とし、それが持つカウンター1種類につきそれぞれその種類のカウンターをもう1個、そのパーマネントの上に置くか、そのプレイヤーに与える。

2/1


Admiral Beckett Brass / 鉄面提督ベケット (1)(青)(黒)(赤)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) 海賊(Pirate)

あなたがコントロールしている他の海賊(Pirate)は+1/+1の修整を受ける。
あなたの終了ステップの開始時に、このターンに海賊3体以上によって戦闘ダメージを与えられたプレイヤーがコントロールしている土地でないパーマネント1つを対象とし、それのコントロールを得る。

3/3

初出はミラージュクーケムッサの海賊/Kukemssa Piratesメルカディアン・マスクスでも何枚か登場した。クリーチャー・タイプ大再編の多くやポータル・セカンドエイジのクリーチャーが多く海賊の仲間にされた以外は、永らく新カードは登場していなかった。しかし、およそ九年の月日を経た後、コンスピラシー:王位争奪にて密輸人の隊長/Smuggler Captainが久しぶりに登場。霊気紛争では海ではなく空を飛ぶ飛空船を根城とする空賊/Sky pirateとして登場したほか、イクサラン・ブロックでは主要部族に選ばれ大きく数を増やした。

、あるいはそれらの多色に存在する。能力としては海賊らしく略奪(パーマネントコントロール奪取や宝物の獲得)を行えるものが目立つ。

部族カードはイクサラン・ブロックに豊富に存在し、ロード鉄面提督ベケット/Admiral Beckett Brass不吉な旗艦/Fell Flagship、海賊を参照して強化される凶兆艦隊の船長/Dire Fleet Captainなどが存在する。

海賊・トークンを生成するカード深海艦隊の船長/Fathom Fleet Captain秘宝探究者、ヴラスカ/Vraska, Relic Seekerが存在し、いずれもの2/2の威迫持ちを生成する。

伝説の海賊は、イクサラン現在Ramirez DePietro航空船を強襲する者、カーリ・ゼヴ/Kari Zev, Skyship Raiderと鉄面提督ベケット/Admiral Beckett Brassの3枚。

[編集] ストーリー

リシャーダ/Rishadaという港町を擁するメルカディアン・マスクスや、舞台そのものがカリマン/Caliman島という島国であるポータル・セカンドエイジに多く存在している。日本語では通常通り海賊と訳されているものの、飛行船などに乗って空を飛んでいるものも多く、海賊?と思わせられるところも多い。リシャーダの巾着切り/Rishadan Cutpurseのように、あまり海賊らしくないものも含まれている。下部のスリ集団なども含めて1つの組織、ということか。

[編集] 参考

QR Code.gif