イゼットのギルド魔道士/Izzet Guildmage

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Izzet Guildmage / イゼットのギルド魔道士 (青/赤)(青/赤)
クリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)

((青/赤)は(青)でも(赤)でも支払うことができる。)
(2)(青):点数で見たマナ・コストが2以下の、あなたがコントロールするインスタント呪文1つを対象とし、それをコピーする。あなたはそのコピーの新たな対象を選んでもよい。
(2)(赤):点数で見たマナ・コストが2以下の、あなたがコントロールするソーサリー呪文1つを対象とし、それをコピーする。あなたはそのコピーの新たな対象を選んでもよい。

2/2

ラヴニカ・ブロック混成カードの顔とも言える、ギルド魔道士サイクルの1体。でもでもコスト支払える利点に加え、2マナ2/2という優秀なサイズを持つ。

能力は、かのミラーリ/Mirari効果にやや制約を加えた感じ。火力を倍加したりカウンターを重ねたりと、中盤以降は非常に強力である。相手にした場合は能力が機能し始める前に始末したいところ。

「2マナ以下」という制限のためそう簡単にはいかないが、無限コンボも作れる。特にコールドスナップ後は、3枚目以降の炎の儀式/Rite of Flameでシンプルに無限マナを出せるようになった。Reset断絶/Snap銀枠ならFramed!等も有力株。

マナフィルター捨て身の儀式/Desperate Ritualなどを併用してもよい。ただ、捨て身の儀式を使うならソーサリー秘儀連繋してコピーを作った方が簡単。例として、

  1. 捨て身の儀式を溶岩の撃ち込み/Lava Spikeに連繋して唱える
  2. 対応して捨て身の儀式を唱える
  3. 2の捨て身の儀式を解決し、生じた(赤)(赤)(赤)でスタック上にある1の溶岩の撃ち込みをコピー
  4. 溶岩の撃ち込みのコピーを解決。対戦相手に3点ダメージ、(赤)(赤)(赤)獲得。生じたマナで再度溶岩の撃ち込みをコピー

とすれば(割り込まれない限り)好きなだけ溶岩の撃ち込みを連射でき、都合5マナスタートで無限ダメージが可能となる。また溶岩の撃ち込み/Lava Spikeの代わりに未達の目/Eye of Nowhereなら、対象に取れるパーマネントをすべて手札戻す事ができる。まるで対戦相手だけ激動/Upheavalを食らった状態なので、こちらも決まれば悶絶物だろう。


非公式/非実在カード

Izzet Guildmage / イゼットのギルド魔道士 (青/赤)(青/赤)
クリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)

(5)(青):あなたはこのゲームに敗北する。
(5)(赤):自分のカードを全部ビリビリにやぶる。

2/2


[編集] 関連カード

[編集] イゼット団/The Izzetギルド魔道士

[編集] サイクル

ラヴニカ・ブロックギルド魔道士サイクル。サイクル共通の解説はギルド魔道士の項を参照。

[編集] 参考

QR Code.gif