飛ばす

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

飛ばすとは、

  1. イベントターンフェイズステップを何も行わなかったことにすること。以下で詳述する。
  2. ティムなどの能力によってダメージを与えること
  3. 飛行を持たないクリーチャーに飛行を与えること
  4. 投げること

イベント(「引く」など)やターンフェイズステップ飛ばす/Skipとは、「そのイベントやターン、フェイズ、ステップを行う代わりに、何もしない」ことを意味する置換効果である。


Stasis / 停滞 (1)(青)
エンチャント

プレイヤーは自分のアンタップ・ステップを飛ばす。
あなたのアップキープの開始時に、あなたが(青)を支払わないかぎり、停滞を生け贄に捧げる。



Eater of Days / 日々を食うもの (4)
アーティファクト クリーチャー — リバイアサン(Leviathan)

飛行、トランプル
日々を食うものが戦場に出たとき、あなたはあなたの次の2つのターンを飛ばす。

9/8

飛ばされたターン、フェイズ、ステップに起こる予定だったことは起こらず、次の機会を待つ。

「次のターン(フェイズ、ステップ)を飛ばす」という効果は、実際にそのターン(フェイズ、ステップ)が訪れるのを待ち、それが来る直前に飛ばされることが決まる。

  • 同一のターン、フェイズ、ステップを飛ばそうとする効果が複数存在するならば、さらにその次のターン、フェイズ、ステップを飛ばすことになる。
  • 追加のターンを得る効果とターンを飛ばす効果が生成された場合、通常のターンよりも先に追加のターンが訪れるため、その追加のターンが飛ばされることになる。
  • 1つのフェイズの中の全てのステップが飛ばされるとき、それはそのフェイズが飛ばされるものとして扱う。
    • 同じことがターンにも言えると思われるが、今のところ終了フェイズを飛ばす方法は存在しないため、未定義である。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

QR Code.gif