変則的な稀少度

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

変則的な稀少度は、いくつかのエキスパンションに見られる稀少度の形態。

目次

[編集] 古いエキスパンション

アライアンス以前の古いエキスパンションでは、同じレアリティ分類なのに存在量が異なるカードがある。

エラーパックというわけではなく、印刷の都合で意図的にそういう形に作成されている。カードは1枚の大きな紙にたくさんのカード画像を並べて印刷し、後からカードの形に打ち抜いて作成している。この際管理がしやすいように「コモンだけが印刷されているシート」「アンコモンだけ」「レアだけ」というグループ分けをしている。このとき様々な都合で1つのシートに同じカードを複数並べて印刷する場合があり、この時例えば「コモンシート1枚に2枚印刷するカード」の稀少度を「コモン2」と呼ぶ。

従って、この数字はそのままそのレアリティ内での比率となる。例えばコモン2は、コモン1の2倍印刷されており、2倍パックに含まれやすい。

各エキスパンションごとの構成は以下のとおり(いずれも出現頻度が低い順)。

エキスパンション レア アンコモン コモン
アラビアンナイト 2枚 アンコモン2
アンコモン3
アンコモン4
6枚 コモン1
コモン4
コモン5
コモン11
アンティキティー 2枚 アンコモン1
アンコモン2
アンコモン3
6枚 コモン1
コモン4
コモン5
コモン6
レジェンド 1枚 レア 3枚 アンコモン1
アンコモン2
11枚 コモン1
コモン2
ザ・ダーク 2枚 アンコモン1
アンコモン2
6枚 コモン1
コモン3
フォールン・エンパイア 2枚 アンコモン1
アンコモン2
アンコモン3
6枚 コモン1
コモン3
コモン4
クロニクル 3枚 アンコモン1
アンコモン3
9枚 コモン2
コモン3
ルネッサンス 2枚 アンコモン1
アンコモン?
6枚 コモン?
コモン?
ホームランド 2枚 アンコモン1
アンコモン3
6枚 コモン1
コモン4
アライアンス 1枚 レア2
レア6
3枚 アンコモン2
アンコモン3
8枚 コモン1
コモン2

パックに入れられる際には、後ろの数字に関係なくコモンならコモン枠、というようになっている。なので例えばザ・ダークのパックを開けても必ずアンコモン1が手に入る保証はない。

この仕組みによって、エキスパンションによっては「レアの方がアンコモンより少ない」という保証は無い。例えばアライアンスのレア6とアンコモン2は理論上同じ出現率、ホームランドのアンコモン3はコモン1と同じ率になる。

  • イラスト違いの場合、それぞれの絵ごとにその枚数が刷られているのではなく、1つのイラストは1シート上1枚。例えば、フォールン・エンパイアでのトーラックへの賛歌/Hymn to Tourachはコモン4なので1シートに4枚印刷されているが、その内訳は4つのイラスト違い版がそれぞれ1枚ずつになっている。
    • さらに、同じカードでも複数のシートに分けられて印刷されることもある。例えば、アンティキティーでのミシュラの工廠/Mishra's Factoryの稀少度は「コモン1、アンコモン3」となっており、その実体はコモンシートに1枚(秋のイラスト)が、アンコモンシートには3枚(春、夏、冬1枚ずつ)が印刷されている。見方を変えると「冬イラストのミシュラの工廠」は、アンコモン1相当と言える。
  • Rare-B-Goneでは、レアが無いエキスパンションはアンコモン1をレアとして扱うよう裁定が出ている。

[編集] 時のらせんブロック

時のらせんブースター:レア1枚+アンコモン3枚+コモン10枚+タイムシフトボーナス(スペシャル)1枚
時のらせんトーナメントパック:レア3枚+アンコモン10枚+コモン29枚+基本土地30枚+タイムシフトボーナス3枚

さらに、時のらせんからは通常の封入比率は保ったままで、コモン・アンコモン・レアのプレミアム・カードの封入位置がカード本来のレアリティに関らずコモン枠に変更となった。ウルザズ・レガシーからディセンションまでは本来のレアリティの枠に配置されていた。タイムシフトボーナスのプレミアム・カードについてはタイムシフトボーナス枠のまま。

次元の混乱:レア1枚+アンコモン2枚+コモン8枚+タイムシフトアンコモンまたはレア1枚+タイムシフトコモン3枚

時のらせんブロックにおいては過去の変則的な稀少度の再来というわけではなく、あくまでボーナスカードという位置付け。時のらせんではスペシャルと名付けられたレアリティも加わり、ブロック全体にわたって独自の封入比率となった。特殊なレアリティやカード枠、過去や未来のカードの収録といったように、ブロックを表現している。

[編集] イニストラード・ブロック

イニストラードブースター:レア1枚+アンコモン3枚+コモン9枚+両面カード1枚+基本土地またはチェックリストカード1枚
闇の隆盛ブースター:レア1枚+アンコモン3枚+コモン9枚+両面カード1枚+基本土地またはチェックリストカード1枚

両面カードには神話レア・レア・アンコモン・コモンのいずれかが含まれる。 プレミアム・カードについては時のらせんのタイムシフト枠とは異なり、プレミアム・カードの両面カードも通常のコモン枠から出る。 基本土地カードの代わりにチェックリストカードが入っていることがあり、土地とリストとの比率は約1:3とされる。

初登場した両面カードが特徴的な構成。エラーパックでない限り、各パックに必ず1枚以上両面カードが含まれることとなる。

  • なお、イニストラード・ブロックでもアヴァシンの帰還には両面カードが存在しないため、封入比率は通常のパックと同じ。

[編集] コンパクトブースター

ランダム枠1枚(神話レア・レア・アンコモン・コモン)+アンコモン1枚+コモン3枚+基本土地1枚

ランダムカードの封入比率としてはレア:アンコモン:コモンで2:1:2となり、コンパクトブースター5パックでブースターパック2パック分の設定。さらに神話レアとレアでは通常通りに1:8の比率となり、20パックにつき神話レアが1枚ということになる。ただし、あくまで封入確率であるのでパックごとの偏りは当然に見受けられる。

日本語版エルドラージ覚醒ではコモン5枚という内容もあり得、アンコモン枠がアンコモンまたはコモンによる準ランダム枠化をしていると見られる。この影響による封入比率の変化は不明。

ゲームカードには含まれないが、通常のブースターパック同様に1パックにつき1枚のトークン・カードまたは豆知識カードも封入されている。ゼンディカーおよびワールドウェイクにおいて封入される基本土地カードは通常のブースターパック同様にゼンディカーでの全面イラストのバージョンとなる。

[編集] ゲートウォッチの誓い

パック内の封入比率や構成等は通常のブースターパックと同じだが、荒地/Wastesがイラスト違いでコモン枠に2種類存在する。

[編集] イニストラードを覆う影ブロック

イニストラードを覆う影ブースター:通常は1だが、1/8の確率で2の内容となる。
  1. レアか神話レア1枚+アンコモン3枚+コモン9枚+コモンかアンコモンの両面カード1枚+基本土地またはチェックリストカード1枚
  2. レアか神話レア1枚+アンコモン3枚+コモン8枚+レアか神話レアの両面カード1枚+コモンかアンコモンの両面カード1枚+基本土地またはチェックリストカード1枚

プレミアム・カードについては時のらせんのタイムシフト枠とは異なり、プレミアム・カードの両面カードも通常のコモン枠から出る。 基本土地カードの代わりにチェックリストカードが入っていることがあり、土地とリストとの比率は約1:3とされる。

イニストラード・ブロックと異なりプレミアムカードでなくても1パックに両面カードが2枚入る場合があり、両面カードの開封率は1.125となっている。

[編集] その他

[編集] 神話レア

アラーラの断片から採用された神話レアも、レアの代わりにパックに封入されるという点では、古いエキスパンションにおける変則的な稀少度に近い。カードの入手確率から計算すれば、レア8枚に対し神話1枚の割合で封入されているが、上記の「シートに印刷される枚数」とは関係が無い。

[編集] プレミアム・カード

通称Foil。エキスパンションによって封入率や封入枠が異なり、封入に関してもっともランダム性をもつ存在といえる。詳しくは該当ページを参照。

[編集] ヴィンテージ・カード

ゼンディカーのブースターパックに基本土地の代わりとして低確率で封入されている。詳しくは該当ページを参照。

[編集] ニクスへの旅

低確率で通常の構成の代わりに、テーロス・ブロックカード全15種類が各1枚ずつ封入されているブースターパックが存在する。

[編集] Modern MastersVintage Mastersモダンマスターズ2015エターナルマスターズモダンマスターズ2017

基本土地の代わりにプレミアム・カード1枚が必ず収録されている。また、Vintage Mastersには、通常プレミアム・カードに代わり約53パックに1枚の割合でスペシャルのレアリティとしてパワー9のカードが封入される。

[編集] Masterpiece Series

戦乱のゼンディカー・ブロック、及びカラデシュ・ブロック以降のブースターパックに通常のプレミアム・カードの代わりとして低確率で封入されている。詳しくは該当ページを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif