フレッシュメーカー

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

フレッシュメーカー(Flesh Maker)は、神河物語スタンダードに参入して誕生した、赤緑ターボランドビート・コントロールデッキ創造の標デッキを加え、柔軟性を向上させたもの。


Kodama's Reach / 木霊の手の内 (2)(緑)
ソーサリー — 秘儀(Arcane)

あなたのライブラリーから基本土地カードを最大2枚まで探し、それを公開する。1枚をタップ状態で戦場に出し、もう1枚をあなたの手札に加える。その後あなたのライブラリーを切り直す。



Plow Under / すき込み (3)(緑)(緑)
ソーサリー

土地2つを対象とする。それらを、オーナーのライブラリーの一番上に置く。



Kumano, Master Yamabushi / 山伏の長、熊野 (3)(赤)(赤)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) シャーマン(Shaman)

(1)(赤):クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。山伏の長、熊野はそれに1点のダメージを与える。
このターン、山伏の長、熊野にダメージを与えられたクリーチャーが死亡するなら、代わりにそれを追放する。

4/4

このデッキの戦略は創造の標のそれと基本的に同じで、極楽鳥/Birds of Paradise桜族の長老/Sakura-Tribe Elder木霊の手の内/Kodama's Reach等を使ってマナ加速し、大量のマナを使って対戦相手を倒すというコンセプトを持つ。

創造の標/Beacon of Creationを入れられないためトークンでの時間稼ぎができないが、代わりに火力による単体除去を行う。主なフィニッシャー粗野な覚醒/Rude Awakening山伏の長、熊野/Kumano, Master Yamabushi

多色デッキである分、色事故などの危険性が増えるが、赤のカードが追加されることによって環境への対応力が高くなっている。以下がその例。

中にはよりビートダウン寄りに変形したステロイド色の濃いデッキも登場した。当然ながら、対策カードはメタったデッキ以外に対しては有効に働きにくいため、メタゲームを的確に読んで採用するカードを選ぶ力が必要とされる。

[編集] サンプルレシピ

Flesh Maker [1]
土地 (21)
12 森/Forest
8 山/Mountain
1 沼/Swamp
クリーチャー (22)
4 極楽鳥/Birds of Paradise
4 永遠の証人/Eternal Witness
3 かまどの神/Hearth Kami
3 山伏の長、熊野/Kumano, Master Yamabushi
3 桜族の長老/Sakura-Tribe Elder
2 真面目な身代わり/Solemn Simulacrum
3 ヴィリジアンのシャーマン/Viridian Shaman
呪文 (18)
4 静電気の稲妻/Electrostatic Bolt
4 木霊の手の内/Kodama's Reach
4 マグマの噴流/Magma Jet
3 すき込み/Plow Under
3 粗野な覚醒/Rude Awakening
サイドボード (15)
3 頭蓋の摘出/Cranial Extraction
3 手綱取り/Grab the Reins
3 粒化/Granulate
3 帰化/Naturalize
3 肉体の奪取/Rend Flesh


[編集] 参考

QR Code.gif