思考の大出血/Thought Hemorrhage

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Thought Hemorrhage / 思考の大出血 (2)(黒)(赤)
ソーサリー

プレイヤー1人を対象とする。土地でないカード名を1つ指定する。そのプレイヤーは自分の手札を公開する。思考の大出血はそのプレイヤーに、これにより公開された指定された名前のカード1枚につき3点のダメージを与える。そのプレイヤーの墓地と手札とライブラリーから、その名前のカードをすべて探し、それらを追放する。その後、そのプレイヤーは自分のライブラリーを切り直す。


不特定マナ1つが赤マナになったことでダメージのおまけがついた頭蓋の摘出/Cranial Extraction(後のカードで言えば記憶殺し/Memoricide)。

元々頭蓋の摘出は、対コンボデッキ用のサイドボード要員、シルバーバレット要員として使うのに向いており、使えばコンボデッキを完全に潰せる可能性の高いカードであったから、敢えてダメージ要素を加える意義は薄い。むしろ2色になったことでタッチによる導入が容易でなくなった、という意味では扱いにくくなったともいえる。

しかし、それでも元々強力なカードに赤マナが加わっただけで最大12点ダメージが見込めるようになったこのカードの性能は破格であり、さえ合えばコンボ潰しとしてはもちろん、この色で処理が苦手なエンチャントの処理、本体火力としての利用など、頭蓋の摘出以上に汎用性の高い運用ができる。

ジャンドのサイドボードに投入されているなど、構築での実績もある。

  • 手札に該当カードがあった場合、その枚数×3点ダメージを与えるのは強制だが、その後それを探す際に「見付からなかった」として手札に残しておく事は適正である。
  • ナックラヴィー/Nucklaveeを使えば、頭蓋の摘出のように使い回すこともできる。

[編集] 参考

QR Code.gif