ドラフト点数表/マジック・オリジン

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
点数表の目安
10点 極めて強力で、見かけたらを変えてでも取るべき
(使うべき)カード。終盤での出現など、止むを得ない事情が
あっても見逃してはいけない、即座にカットすべきカード。
9点 極めて強力で、この1枚のためだけにでも
その色を散らすことを考慮すべきカード。
8点 強力なカードで、色が合っていればデッキに
入らないことはありえない。 だいたいこの辺のカードの
有無がメインカラーの決定基準になる。
7点 メインカラーの主戦力を成すレベルのカード。
(例:4マナ3/3に能力がある、3マナ2/2飛行など。)
6点 戦力として期待できるカード。
(例:4マナ3/3バニラ、3マナ2/2に有用な能力があるなど。)
5点 戦力として使えなくはないカード。デッキに入るボーダーライン。
(例:3マナ2/2バニラ、)
4点 まあ戦力になればラッキー、又は
サイドボードとしてなら使えるカード。
3点 明らかに弱いカード。よほどカードプール
貧弱ならば出番があるかもしれない。
2点 相手のデッキに入っていたら驚くカード。はっきり言って弱すぎる。
1点 いかなる状況においても、メインにもサイドボード後にも
入ることはありえない。これを入れるくらいなら
基本土地を入れた方がマシ

目次

[編集]

6点 アクロスの看守/Akroan Jailer - C
1マナのタッパーなのでなかなか堅実。起動は3マナと重いが中盤から侮れない活躍をする。
7点 アンプリンの戦術家/Ampryn Tactician - C
及第点のサイズに強力な全体強化。環境柄前のめりなデッキが多いためそれも追い風。
8点 勇者の選定師/Anointer of Champions - U
サイズが均衡しやすい環境のため、+1/+1修正は見た目以上に大きい。
9点 徴税の大天使/Archangel of Tithes - M
非常に強力。トリプルシンボルなのが玉にキズ。
5点 オーラ術師/Auramancer - C
エンチャントが多めなら入れてもいい。
5点 エイヴンの戦僧侶/Aven Battle Priest - C
3/3飛行が6マナに見合うかと言われると怪しいが、6マナ域が空くことは多々あるだろう。
7点 祝福された霊魂/Blessed Spirits - U
3マナ2/2飛行は優秀な戦力。エンチャントが多ければ必ず入れよう。
7点 天界のほとばしり/Celestial Flare - C
条件ありなのが少し残念だが、腐っても除去。入れておいて損はない。
7点 突進するグリフィン/Charging Griffin - C
基本的に4マナ3/3飛行と考えていい。
7点 前線の僧侶/Cleric of the Forward Order - C
この環境の2マナ域はとても重要だ。数がそろっていない間はやや優先度を上げたい。
8点 領事補佐官/Consul's Lieutenant - U
ダブルシンボルを考慮しても、環境の2マナクリーチャーの中ではトップクラスの性能。
4点 悟った苦行者/Enlightened Ascetic - C
強力なエンチャントを破壊できるが、相手がそのようなカードを持っているとは限らない。
6点 包み込む霧/Enshrouding Mist - C
速い環境のため、1マナという軽さが光る。高名しなくても使えるカードだ。
8点 ギデオンの密集軍/Gideon's Phalanx - R
効果は間違いなく強力だが重さが厳しい。
5点 秘儀術師の掌握/Grasp of the Hieromancer - C
修正は少ないが、能力は中々のもの。 トーパの自由刃/Topan Freebladeにつけて簡単マジック。
1点 神聖なる月光/Hallowed Moonlight - R
腐ってもサイクリングとはいえ、デッキにこれを入れるスペースはないだろう。
4点 治癒の手/Healing Hands - C
ライフ回復とドローはいいが、ソーサリーなのが残念。
5点 重歩兵/Heavy Infantry - C
5マナ3/4に特に見るべき点はない。
9点 牢獄の管理人、ヒクサス/Hixus, Prison Warden - R
滅茶苦茶な交換ができるカード。下手に戦闘に参加させないように。
6点 巡礼者の道の騎士/Knight of the Pilgrim's Road - C
シンプルな高名持ち。3マナ3/2だけで及第点だが、赤と組んだときは3マナがあふれやすいのに注意。
7点 白蘭の騎士/Knight of the White Orchid - R
2マナ2/2先制攻撃は強力。能力はあまり気にしなくてもいい。
8点 騎士の勇気/Knightly Valor - U
トークンに加えて、高名の後押しにもうれしいカード。
10点 アクロスの英雄、キテオン/Kytheon, Hero of Akros - M
両面カードは色主張の意味でも早めに取りたい。変身した後の性能も十分。
10点 キテオンの不正規軍/Kytheon's Irregulars - R
取れたならデッキを白に寄せて、能力を起動しやすくしたい。
5点 キテオンの戦術/Kytheon's Tactics - C
数を並べるデッキならばより強く使えるだろう。基本的には場面を選ぶのでやや弱め。
6.5点 力強い跳躍/Mighty Leap - C
リミテッドでは飛行は重要な回避能力。強化もできるので便利。
3点 殺人の捜査/Murder Investigation - U
手間がかかる割にそれほどでもない効果。環境のサイズが小さいのもマイナス。
8点 勇者の守護神/Patron of the Valiant - U
5マナ4/4飛行はフィニッシャーだ。5マナの枠が取りづらいのは留意点
8点 秘宝の探求者/Relic Seeker - R
高名持ちの熊がそもそも強い。装備品があればなおよし。
9点 永遠警備の歩哨/Sentinel of the Eternal Watch - U
アンコモンとは思えない制圧力。これのためにタッチを検討してもいいレベルだ。
4点 空位の玉座の印章/Sigil of the Empty Throne - R
相当数のエンチャントを入れる必要があるが、機能すれば間違いなく強い。
7点 確固たるエイヴン/Stalwart Aven - C
貴重な飛行アタッカー。高名すればタフネス4になって壁としても優秀。
1点 ニクスの星原/Starfield of Nyx - M
構築で頑張ってください。
8点 抑制する縛め/Suppression Bonds - C
能力は強力。起動型能力が売りのクリーチャーも置物になる。
8点 迅速な報い/Swift Reckoning - U
白い暗殺/Assassinateは大半のクリーチャーを処理できる。永遠警備の歩哨/Sentinel of the Eternal Watchが倒せないのはご愛嬌。
8点 トーパの自由刃/Topan Freeblade - C
3ターン目のこのカードの高名を止められるかどうかが環境の基準だ。
7点 族霊導きの鹿羚羊/Totem-Guide Hartebeest - U
2/5はなかなかにタフなサイズ。オーラの枚数は必要ないが、抑制する縛め/Suppression Bondsがあるとなおいいだろう。
10点 悲劇的な傲慢/Tragic Arrogance - R
全体除去の例に漏れず、非常に強力。自分のオーラ系除去や相手の飛行機械トークンとのかみ合いも素晴らしい。
4点 アクロスでの武勇/Valor in Akros - U
とにかく重い。4マナを使って何もしないのはテンポが非常に悪い。デッキを軽く寄せて、クリーチャーだらけにできればなんとか?
6点 ヴリンの翼馬/Vryn Wingmare - R
3マナ2/1飛行は主力だが、飛行機械トークンと相打ちしてしまうのはいただけない。能力は一長一短なので、デッキと相談。
8点 戦乱の神託者/War Oracle - U
高名になれば4マナ4/4絆魂。ゲームを決めてくれるだろう。
4点 鋤引きの雄牛/Yoked Ox - C
パワーが0なのが残念だが、速いデッキに対する壁として実は優秀。

[編集]

8点 高位調停者、アルハマレット/Alhammarret, High Arbiter - R
対処しづらい強力なフィニッシャーだが、7マナまで生き延びるのは一苦労。
8点 霊気への抑留/Anchor to the AEther - U
相手の高名を無力化しつつ次のドローまで潰してくれる。占術もついて言うことなし。
5点 工匠の天啓/Artificer's Epiphany - C
そのままでは使う気にならない。アーティファクトが5-6枚以上あれば採用できるだろう。
7点 飛空士志願者/Aspiring Aeronaut - C
パワー1の飛行を並べてくれる。雷鳴のワイヴァーン/Thunderclap Wyvernとは相性がいいが、青は4マナが多くなりがちので抜けることも多々ある。
5点 骨を灰に/Bone to Ash - C
4マナを構えて行動するのはかなり苦しい。それでも相手のボムに対処できるカードなので、サイド後に見ることも多いだろう。
5点 計算された放逐/Calculated Dismissal - C
環境が速いためカウンターも自然と評価が落ちる。それでも対応範囲が広いため決して悪くない。
6点 意思の激突/Clash of Wills - U
コストの自由がきくため、メインから使いやすいカウンター。それでもカウンターという行動が受身なため、優先度はやや低い。
7点 閉所恐怖症/Claustrophobia - C
青のダブルシンボルが厳しいが、ほぼ確定除去。安定して使うためには島8枚は欲しい。
1点 一日のやり直し/Day's Undoing - M
特にコンボするカードがなく、相手から行動できるため返しのターンで負けかねない。素直にサイドボードにしまっておこう。
5点 深海の恐怖/Deep-Sea Terror - C
攻撃制限があるが、6マナ6/6は青としては破格のサイズ。安く取れるフィニッシャーとしてそれなりに姿を見るだろう。
7点 輪の信奉者/Disciple of the Ring - M
インスタントソーサリーの枚数は取りづらいが、能力はなかなかに強力。
7点 分散/Disperse - C
高名のリセットが主な役割。悪魔の契約/Demonic Pactの再利用などにもどうぞ。
3点 変位の波/Displacement Wave - R
相手がトークンだらけならば一考の余地があるか。
2点 戦慄水/Dreadwaters - C
ライブラリアウトを狙うにしても、中盤以降でないと効率が悪い。
5点 フェアリーの悪党/Faerie Miscreant - C
1枚だけでは採用できないため、複数枚ピックできることが前提になる。これをかき集める戦略も存在するため狙ってみるのも手。
8点 潮流の先駆け/Harbinger of the Tides - R
青のダブルシンボルは厳しいが、それを補う性能の高さ。バウンスによるテンポ稼ぎが強力な環境のため、4マナでのプレイも頭に入れておこう。
5点 水撃/Hydrolash - U
これまでのこの系統のカードと比べるとかなり強化された感がある。それでもデッキに入らないことが多く、ピックの優先度も低い。
10点 ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn's Prodigy - M
リミテッドでルーターが弱いわけがない。変身しない方が強いこともあるが、裏面で魂裂き/Reave Soul稲妻の投槍/Lightning Javelinを使いまわせればもう勝ちだろう。
1点 ジェイスの聖域/Jace's Sanctum - R
これを入れる枠に別の呪文を入れた方がいいだろう。
8点 ジェスの盗人/Jhessian Thief - U
果敢のついた巻物泥棒/Scroll Thief。クリーチャーのサイズが小さく相手がブロックしづらいため、ドローできる頻度も上がっている。
5点 臨海の護衛/Maritime Guard - C
2マナ1/3バニラはお世辞にも強くないが、2マナが足りていなければ贅沢は言えない。
7点 ミジウムの干渉者/Mizzium Meddler - R
相手のコンバットトリックを盗んだり除去を引き受けたりと、できる仕事は多い。
4点 否認/Negate - C
メインからは入れづらいが、サイド後は一転構えやすいカウンターとして活躍する。チャンドラの灯の目覚め/Chandra's Ignitionなど、危険な呪文を見かけたらぜひ入れたい。
4点 ニヴィックスの障壁/Nivix Barrier - C
4マナを構えて動くのは辛いが、壁としてはそれなりにタフ。
1点 精神的反論/Psychic Rebuttal - U
カウンターなのに対象が狭すぎる。魔巧を考慮してもあまりに限定的すぎる状況でしか活躍してくれない。
7点 護輪のフクロウ/Ringwarden Owl - C
5マナ3/3飛行果敢で、戦力としては十分。ただし環境柄5マナはやや重く、そこまでの数は必要ない。
7点 屑肌のドレイク/Scrapskin Drake - C
地上が止まらないため高名が止まらないことも多々あるが、主力を任せるのには十分。
6点 金切り声のスカーブ/Screeching Skaab - C
2マナパワー2というだけで、序盤の競り合いに耐えるために価値がある。能力はほぼオマケだが、魔巧のサポートなど一応シナジーはある。
4点 眠りへの誘い/Send to Sleep - C
とにかく魔巧ができるかどうかに尽きる。できなければ使う価値はない。
8点 分離主義者の虚空魔道士/Separatist Voidmage - C
4マナ2/2にバウンス付き。高名したクリーチャーを戻しつつ盤面を固めてくれる重要カード。地味にバウンスが任意であるのもいい。
8点 印章持ちのヒトデ/Sigiled Starfish - U
他の青の2マナが非常に弱いため、代用が効かない。青をやるならばぜひ取っておきたい。
8点 スカーブの大巨人/Skaab Goliath - U
6マナとはいえ、6/9トランプルは突出したサイズ。追加コストが枷になることもあまりないだろう。
8点 魂刃のジン/Soulblade Djinn - R
能力は機能しないことも多いが、基本スペックだけで十分にゲームを決められる。
6点 スフィンクスの後見/Sphinx's Tutelage - U
長期戦になれば自然とゲームに勝てるが、これに勝利手段を頼るのは難しい。
6点 層雲歩み/Stratus Walk - C
飛行付与は強力だし、キャントリップも重要だが数は必要ない。意識しなくてもピックできる。
4点 テレパスの才能/Talent of the Telepath - R
適当に唱えてもあまり効果がない。対戦相手のデッキ構成を見て、サイドから入れる形になることが多いだろう。
7点 飛行機械の諜報網/Thopter Spy Network - R
機能すれば圧倒的だが、相応の枚数のアーティファクトが必要になる。6枚程度取れていればさらに得点アップ。
7点 塔の霊/Tower Geist - U
4マナ2/2飛行にドロー能力がついてきた。主力として活躍してくれるだろう。
5点 蛙変化/Turn to Frog - U
除去には違いないがやや手間がかかり、単体では時間稼ぎにしかならないのがネック。と
7点 狩漁者/Watercourser - C
柔軟性のあるサイズがいぶし銀。戦闘面ではお世話になるだろう。
9点 つむじ風のならず者/Whirler Rogue - U
アンコモンとはとても思えないスペック。ダブルシンボルを差し引いても青を決めるだけの価値がある。
5点 意志を砕く者/Willbreaker - R
単体では使用に堪えないので相方のカード次第。投げナイフ/Throwing Knifeつむじ風のならず者/Whirler Rogueなどが取れているなら大幅に評価が上がる。

[編集]

6点 荒廃唱え/Blightcaster - U
環境にエンチャントが少ないため、ただの2/3になりやすい。エンチャントの多い白と組むのが常套手段。
4点 地下墓地のナメクジ/Catacomb Slug - C
貴重な5マナ域のスロットをこのカードのために割く余裕はない。
5点 血による聖別/Consecrated by Blood - U
オーラゆえの脆さもあるが、つけたクリーチャーは一級品のフィニッシャーに。バウンスには細心の注意を。
8点 残酷な蘇生/Cruel Revival - U
信頼のおける確定除去。ゾンビ回収が活躍することは少ないが、取り憑かれたスカーブ/Possessed Skaab肉袋の匪賊/Fleshbag Marauderが回収できれば儲けもの。
5点 闇の試み/Dark Dabbling - C
構えるにはやや重い。キャントリップもあり無駄になることは少ないが、呪文の枠の都合で抜けることが多い。
3点 闇の誓願/Dark Petition - R
デッキが強ければ入れる必要がない。どうしようもなく弱いデッキで、唯一のボムを水増しするのには使えるか。
7点 死橋のシャーマン/Deadbridge Shaman - C
ほぼ確実に1:2交換を取ってくれる優秀クリーチャー。トークンと相打ちしてしまうのが玉にキズ。
5点 悪魔の契約/Demonic Pact - M
単体ではすぐに負けてしまうため、組み合わせるカードが必要だ。分散/Disperse苛性イモムシ/Caustic Caterpillarならば素直に採用しやすい。
7点 魂の略奪者/Despoiler of Souls - R
基本的には3/1バニラ。回収は暇があったらやるぐらいだろう。
7点 エレボスのタイタン/Erebos's Titan - M
能力が使えることは少ないため、実質5/5バニラといったところ。トリプルシンボルがかなり厳しい。
7点 眼腐りの暗殺者/Eyeblight Assassin - C
環境にタフネス1がそれなりにいるため、能力も有効に働きやすい。ブロッカーを弱体化したり、戦闘ダメージと合わせて除去したり、いぶし銀な活躍をしてくれる。
8点 眼腐りの虐殺/Eyeblight Massacre - U
-2/-2でも大半のクリーチャーは洗い流せる。エルフには影響しないのも見逃せない。
7点 異臭のインプ/Fetid Imp - C
飛行機械トークンを受け止め、接死で相打ちも可能と終盤まで活躍してくれる2マナクリーチャー。膠着状態で1点ずつダメージを刻めるのもナイス。
7点 肉袋の匪賊/Fleshbag Marauder - U
布告除去は間違いなく強いが、環境にトークンが多いのはやや向かい風。残酷な蘇生/Cruel Revivalで回収など、シナジーはあるのでそれを活かしたい。
10点 光り葉の選別者/Gilt-Leaf Winnower - R
エルフが除去できないという制限はついているが、除去したいエルフがこのカードと光り葉の将帥、ドゥイネン/Dwynen, Gilt-Leaf Daenぐらいなのであまり関係ない。
4点 節くれ根の罠師/Gnarlroot Trapper - U
単体ではあまり魅力的ではない。エルフが多ければ多いほど強さが増すだろう。
8点 墓刃の匪賊/Graveblade Marauder - R
1/4接死というサイズと能力がかみ合っている。序盤から終盤まで相手にプレッシャーを与えてくれるだろう。
4点 冥府の傷跡/Infernal Scarring - C
決して損にはならないが、単体では使えないのが問題。エンチャントの水増し用としては使いやすい。
1点 無限の抹消/Infinite Obliteration - R
効果が後ろ向きすぎる。メインはあてずっぽうになる上、サイド後も刺さるかどうか怪しい。
8点 魂の貯蔵者、コソフェッド/Kothophed, Soul Hoarder - R
6マナ6/6飛行は文句なしのエンドカード。問題は能力で、押し込まれている展開ではライフロスによってそのまま負けてしまうことも。
10点 衰滅/Languish - R
-4/-4修正は神の怒り/Wrath of Godも同然。相手の展開があまりにも少ない時はこのカードを疑うべし。
10点 異端の癒し手、リリアナ/Liliana, Heretical Healer - M
能力、両面カード、PWの性能、どれをとっても一級品。
5点 死の円舞曲/Macabre Waltz - C
デッキが強いほど回収するカードも強くなる。軽いため回収したカードをすぐに展開できるのもポイントが高い。
5点 マラキールの選刃/Malakir Cullblade - U
「対戦相手のクリーチャー」というのが曲者で、なかなか成長しない。生物を並べて相打ちを繰り返す展開を狙っていきたい。
8点 ナントゥーコの鞘虫/Nantuko Husk - C
反逆の行動/Act of Treason系のカードとのコンボはもちろん、役目の終わったエルフの幻想家/Elvish Visionaryで強化など、シナジーの塊といえる存在。
4点 屍術的召喚/Necromantic Summons - U
実質的にはかなり遅いターンで使われるカード。戻すに値するクリーチャーがいるなら考慮できるか。
4点 夜の罠/Nightsnare - C
腐っても精神腐敗/Mind Rot。とにかく遅いデッキを相手にしたならば使われることもあるだろう。
10点 血の儀式の司祭/Priest of the Blood Rite - R
5マナで5/5飛行が出てくるのは暴力的。本体の方もナントゥーコの鞘虫/Nantuko Huskで強化に回したり、分散/Disperseで使いまわしたりとシナジーが多い。
5点 狂暴な吸血者/Rabid Bloodsucker - C
パワー3の飛行は悪くないが、押されているときにはライフロスが痛い。できるだけ前のめりなデッキで使いたい。
6点 骨読み/Read the Bones - C
ドローとしての性能は素晴らしいが、3ターン目に唱えるのは辛い展開。まずは相手の攻勢を止めることが先決。
8点 魂裂き/Reave Soul - C
ソーサリータイミングながらかなり広範囲のクリーチャーに対処でき、終盤まで腐らない。取れるだけ取りたい。
6点 蘇りしケンタウルス/Returned Centaur - C
タフネス4がかなり固い。黒は4マナが埋まりづらいのもあってよくお世話になる。
5点 黄泉からの帰還者/Revenant - U
最終盤では巨大になるが、中盤だと2/2や3/3程度で相手の攻撃が止まらないこともしばしば。
6点 過去の過ち/Shadows of the Past - U
地味ながら長期戦に強いカード。能力が起動しはじめれば勝ちだが、そこまでをいかに耐えるかが問題。
7点 よろめくグール/Shambling Ghoul - C
2マナ2/3のボディは文句なし。後手番だと相手の高名が素通しになってしまうのが弱点か。
1点 穢れた療法/Tainted Remedy - R
そもそも相手をライフゲインさせるカードがほぼない。
4点 茨弓の射手/Thornbow Archer - C
クロックは馬鹿にならないが、単体ではすぐに止まってしまう。節くれ根の罠師/Gnarlroot Trapperなどのエルフシナジーを活かして使いたい。
1点 苛まれし思考/Tormented Thoughts - U
下ごしらえに対してのメリットがほぼない。相手の手札を落としても盤面で負けては意味がない。
4点 ツキノテブクロの浸潤/Touch of Moonglove - C
接死はいいがパワー修正しか与えられないため、こちらが損をする交換になりやすい。相手の壁に悩まされているならどうぞ。
4点 アンデッドの召使い/Undead Servant - C
強く使うためには数を多くとらなければいけないが、4マナがこれで埋まってしまうのは考え物。
8点 不浄な飢え/Unholy Hunger - C
貴重な確定除去。魔巧のライフゲインもなかなかに助かるが、あまり多すぎるとデッキが重くなってしまうので、枚数に合わせて評価を下げるように。
5点 死の国の重み/Weight of the Underworld - C
環境のサイズが小さいので一応除去にはなるが、それでも4マナは重い。

[編集]

7点 ケラル砦の修道院長/Abbot of Keral Keep - R
序盤から終盤まで腐りづらい優秀な2マナクリーチャー。
6.5点 業火の侍祭/Acolyte of the Inferno - U
悪くないコストパフォーマンスで高名持ち。頭でっかちながらトークンに止められない。攻勢時に真価を発揮するが劣勢時は脆い。
5点 反逆の行動/Act of Treason - C
焦熱の結末/Fiery Conclusionナントゥーコの鞘虫/Nantuko Huskと高いシナジー効果を発揮。単体でも攻勢時は効果がある。
6.5点 アクロスの兵長/Akroan Sergeant - C
オリジン赤の3マナ域の基本といえる性能。
8.5点 強欲なドラゴン/Avaricious Dragon - M
4マナ4/4飛行に加えて追加ドローが非常に優秀。ただし早期に対処されると状況次第で一気に劣勢になりうる。
4点 ふいごトカゲ/Bellows Lizard - C
パンプアップ能力は微妙。1マナ域が欲しいなら採用の余地はあり。
6.5点 ボガートの粗暴者/Boggart Brute - C
オリジン赤の3マナ域の基本その2。威迫とマナレシオの両立が評価ポイント。
5点 満月の呼び声/Call of the Full Moon - U
対処の方法が多い強化オーラ。不安定な性能だが、うまくいけば相手にかなりのプレッシャーを与えることができる。
8.5点 燃え盛る炎、チャンドラ/Chandra, Roaring Flame - M
覚醒後に複数除去を図れるのは魅力。ゲームを決められる性能ではないし、覚醒前後の維持も容易ではないが、十分優秀なカード。
5点 チャンドラの憤怒/Chandra's Fury - C
トークンを含め、環境にタフネス1がよくいる。重いがサイドボードとして評価に値する。
9.5点 チャンドラの灯の目覚め/Chandra's Ignition - R
火種となるクリーチャーのパワーに依存するが、全体除去として非常に優秀な性能。
5点 暴れ玉石/Cobblebrute - C
4マナでパワー5の打点を持つ。2/2に相打ちを取られるが、5/5と相打ちできる。攻防において悪くはないカード。
4点 破砕/Demolish - C
破壊したい土地やアーティファクトがあまりない。
6点 ドラゴンの餌/Dragon Fodder - C
2マナ域として使いやすいトークン生成カード。
8点 燃えさし口のヘリオン/Embermaw Hellion - R
5マナ4/5トランプルのサイズはよい。能力も自軍の赤クリーチャー強化+火力呪文強化になる。派手ではないが優秀。
5点 心酔させる勝者/Enthralling Victor - U
マナレシオはあまりよくない。反逆の行動/Act of Treasonと似た使い方になるか。
8点 極上の炎技/Exquisite Firecraft - R
良質な4点火力。
8点 焦熱の結末/Fiery Conclusion - U
クリーチャー限定火力だがタフネス5まで除去できる貴重なカード。トークンを生成しやすい環境であり、生贄にはあまり困らない。
7点 焦熱の衝動/Fiery Impulse - C
クリーチャー限定ショック/Shockまたは稲妻/Lightning Bolt。複数枚あると嬉しい。
6点 炎魔の精霊/Firefiend Elemental - C
速攻と高名の相性が良い。戦力として期待できる。
5点 炎影の妖術/Flameshadow Conjuring - R
CIP能力と組み合わせられれば面白いが、強力なCIP能力持ちクリーチャーが少ない。攻撃的な場面では単純に火力増強として使えるか。
3点 ギラプールの霊気格子/Ghirapur AEther Grid - U
青と組んで飛行機械トークンをうまく並べることができれば強力だが、機能するまで盤面がもつかどうか。
7点 ギラプールの歯車造り/Ghirapur Gearcrafter - C
コモンとは思えないコストパフォーマンス。赤を使うなら確保しておきたい。
5点 ゴブリンの栄光追い/Goblin Glory Chaser - U
最大で1マナ2/2威迫になりえるが、中盤以降はチャンプブロッカー。初手に引けるかどうかがキーポイント。
6点 ゴブリンの群衆追い/Goblin Piledriver - R
青以外のデッキが相手でも戦力になりうるが、これのためだけにゴブリンをかき集めるドラフトを行うのは、このセットでは得策ではない。
6点 伝染性渇血症/Infectious Bloodlust - C
アドバンテージを失いづらいため、使い方次第で化ける。使うなら複数枚集めたい。
7点 稲妻の投槍/Lightning Javelin - C
若干重いがリミテッドでは及第点の性能といえる。
6点 魔道士輪の暴漢/Mage-Ring Bully - C
攻撃強制が痛いが2マナ2/2以上、及第点といえる。
6点 マグマの洞察力/Magmatic Insight - U
余った土地を手札に変換し、質的アドバンテージの獲得を狙える。
8点 溶鉄の渦/Molten Vortex - R
余った土地を火力に変換。複数体を除去したり、膠着状態から本体を削りきるなど、終盤にこそ真価を発揮する。軽いのでとりあえず置いておける。
9点 ピア・ナラーとキラン・ナラー/Pia and Kiran Nalaar - R
4マナ4/4相当のマナレシオを持ち、飛行機械トークンや他のアーティファクトを2点火力に変えられる。出すだけでボードアドバンテージを得られる優秀なカード。
6.5点 トゲイノシシ/Prickleboar - C
攻撃時は5マナで5/3先制攻撃となり、相手を圧倒できる。
7.5点 残虐無道の猛火/Ravaging Blaze - U
悠長な環境ではないため、魔巧による本体ダメージはおまけと捉えているべき。やや重たいおまけつきインスタント除去として評価される。
7点 瘡蓋族の狂戦士/Scab-Clan Berserker - R
速攻と高名がかみ合っており、基本性能を満たしている。能力はおまけだが、長く生きていると地味に痛い。
9点 地震の精霊/Seismic Elemental - U
相手の飛行クリーチャーの数にもよるが、基本的にエンドカード級の性能。
7.5点 空荒らしの巨人/Skyraker Giant - U
4マナ4/3の到達持ち。鬱陶しい飛行機械などの小物を牽制しつつ、攻撃にも参加できる。
3点 粉々/Smash to Smithereens - C
専用除去を入れてまで壊したいアーティファクトはあまりないが、相手のデッキ次第で投入の余地がある。
6点 地底の斥候/Subterranean Scout - C
マナカーブの穴埋めに便利な一枚。高名と相性が良い。
7点 飛行機械技師/Thopter Engineer - U
優秀なマナレシオとボードコントロール能力を持つ。飛行機械関連カードだけでなく、アーティファクトクリーチャーの支援も可能。
6点 タイタンの力/Titan's Strength - C
タフネスは1しか上がらないが、コンバットトリックになる。占術も地味にうれしい。
5.5点 火山の彷徨/Volcanic Rambler - C
重いが大型クリーチャーとして採用の余地がある。本体火力能力も地味ながら有効な場面はある。

[編集]

5点 空への斉射/Aerial Volley - C
対飛行。サイドボード用カード。
1点 精霊信者の覚醒/Animist's Awakening - R
大量のマナを支払っても土地が出るかどうかは不安定。あまりに割に合わない。
4点 苛性イモムシ/Caustic Caterpillar - C
サイズはどうしようもないが、とりあえず出しておいて牽制することもできる。危険なエンチャントもあるので枠があれば。
8点 議事会の自然主義者/Conclave Naturalists - U
及第点のサイズに優秀な能力。それでも重さはネックになりやすいので注意。
8点 光り葉の将帥、ドゥイネン/Dwynen, Gilt-Leaf Daen - R
3/4のサイズに地味ながらライフゲインでダメージレースを有利にする。
7点 ドゥイネンの精鋭/Dwynen's Elite - U
基本的に2/2の熊。緑なら集まりやすいとはいえ、2マナは重要なところだ。
4点 精霊の絆/Elemental Bond - U
環境が速く、サイズも小さいため活躍する場面は往々にして少ない。
7点 エルフの幻想家/Elvish Visionary - C
サイズは頼りないが、ドローはいつでもうれしい能力。緑黒ではナントゥーコの鞘虫/Nantuko Huskの餌としてもぴったり。
5点 進化の飛躍/Evolutionary Leap - R
ドラフトでは構築よりもデッキのクリーチャーのばらつきが大きく、盤面の不利が痛い。
6点 ガイアの復讐者/Gaea's Revenge - R
出れば間違いなく強力だが、何のサポートもなしに7マナまで到達するのは難しい。できるならがっしりとしたデッキを組みたい。
4点 群れの結集/Gather the Pack - U
これ自身は何もしないため、できれば入れたくないところ。強力なクリーチャーが何枚もいるなら一考の余地があるか。
1点 大オーロラ/The Great Aurora - M
まず9マナに届かない。そして唱えても勝てない。
6点 万神殿の伝令/Herald of the Pantheon - R
あくまでも2マナパワー2なので、相打ち要因として需要はある。
6点 絡み爪のイトグモ/Hitchclaw Recluse - C
攻めるデッキには向かないが、1/4のボディは意外に硬い。終盤戦に持ち込むデッキならより頼もしく感じるだろう。
4点 名誉ある教主/Honored Hierarch - R
初手にない限りただのさまようもの/Wandering Ones
8点 ジョラーガの祈祷/Joraga Invocation - U
おなじみオーバーランだが、環境の速さのせいでやや重さが辛い。それでも撃てばゲームに勝てるだろう。
8点 葉光らせ/Leaf Gilder - C
唯一のマナクリは貴重な存在。緑は2マナが多いのでそれでもやや低めに見ていいだろう。
5点 ラノワールの共感者/Llanowar Empath - C
4マナ2/2はお世辞にもいいサイズではない。低マナ域で押されないように心がけたい。
10点 マナ喰らいのハイドラ/Managorger Hydra - R
3ターン目に着地すればゲーム終了だ。
3点 蜘蛛の網のマントル/Mantle of Webs - C
修正もぱっとせず、つくのは到達。飛行が止まらなくて困ったときには使えるかもしれない。
6点 大群の力/Might of the Masses - C
1マナで構えられて取り回しがいい。修正も簡単に巨大化/Giant Growthに追いつくだろう。
10点 巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer - M
環境の早さは気になるが、土地の供給、変身後の能力とゲームを決めるだけの力はある。
5点 ニッサの巡礼/Nissa's Pilgrimage - C
3ターン目に唱えるのは無防備すぎるので避けたい。マナを伸ばした先のプランがあるなら。
6点 ニッサの天啓/Nissa's Revelation - R
7マナを唱えるのは難しいが、莫大なアドバンテージとライフを供給してくれるナイスカード。
6点 果樹園の霊魂/Orchard Spirit - C
疑似飛行だがサイズがやや心もとない。飛行に対するブロッカーにならないのもマイナスと言えばマイナスか。
10点 辺境地の巨人/Outland Colossus - R
デカい、デカすぎる。一撃でも通ればゲームが終わる。
7点 ファリカの信奉者/Pharika's Disciple - C
高名はもちろん、自分より大きい相手にも接死で対抗できる。基本サイズも優秀だ。
1点 回収/Reclaim - C
アドバンテージを失う上に、そのカードが来るのは次のターン。別のカードを入れてあげたい。
7点 ロウクスのやっかいもの/Rhox Maulers - C
一度高名すれば手が付けられないサイズに成長する。トランプルのおかげでコンバットトリックとの相性もよい。
8点 空網蜘蛛/Skysnare Spider - U
6/6が殴って守って空も止める。相手が除去を握っていなければそのまま勝てるだろう。
8点 ソンバーワルドの頭目/Somberwald Alpha - U
前のめりなデッキとよくかみ合う。高名クリーチャーの後押しとしても完璧な組み合わせ。
4点 森の伝書使/Sylvan Messenger - U
そもそも有効に機能するほどエルフを集めるのが至難の業。
7点 森林群れの狼/Timberpack Wolf - C
単体でもただの熊として使えるが、枚数がそろったときはぶっ壊れた強さ。取れた枚数に応じて点数を上げていくといいだろう。
6点 剛力化/Titanic Growth - C
2マナがやや気になるが、それでも優秀なコンバットトリック。いつも通りの活躍をしてくれる。
9点 地底街のトロール/Undercity Troll - U
再生のせいでブロックしづらいが高名も達成させたくない、と厭らしい二択。
8点 ヴァレロンの管理人/Valeron Wardens - U
単体でもドローできておいしいが、緑白で高名デッキにできれば最高だ。
6点 巨森を喰らうもの/Vastwood Gorger - C
6マナが重いがサイズは十分。安く取れるフィニッシャーとしてお世話になるだろう。
3点 蔦の罠/Vine Snare - C
基本的にフォグだが、重さも性能も足らないところだらけ。
8点 野性の本能/Wild Instincts - C
基本的に緑はこのカードに除去を頼ることになる。あるとないとで選択肢が大きく変わるため、ぜひ一枚は持っておきたい。
8点 森林の怒声吠え/Woodland Bellower - M
登場するだけで戦場が一気に傾く。6マナという重さを差し引いてもお得なカード。
5点 イェヴァの腕力魔道士/Yeva's Forcemage - C
単体では2/2バニラだが、隣に高名クリーチャーがいるときは一変。一撃通してその後も優位を築ける。
4点 ゼンディカーの乱動/Zendikar's Roil - U
5マナかけてプレイした返しに死にかねない。デッキ内の土地もあまり増やしたくないし、活躍しにくい環境だ。

[編集] 多色

多色カードについては、序盤だと色の組み合わせを決めてしまうのでやや点数を低めにすることに留意されたい。

8点 猛火のヘルハウンド/Blazing Hellhound - U
赤黒の「奪って生贄にする」という戦略を体現したカード。十分なサイズに、システムクリーチャーの除去やトドメの火力など、できる仕事が幅広い。
5点 血に呪われた騎士/Blood-Cursed Knight - U
セットにエンチャントが少なく、使えるエンチャントとなるとほんの一握りになってしまうのが痛い。
8点 跳ねる混成体/Bounding Krasis - U
3マナ3/3は同マナ域のクリーチャーを軒並み打ち取れる。能力もダメージレースに大きく影響する。
8点 城塞の主/Citadel Castellan - U
最速で攻撃が通るとゲーム終了。そうでなくても相手が下手に殴れなくなってしまう。
8点 イロアスの勇者/Iroas's Champion - U
素の状態でもそう止まらないが、パワー強化と組めるとうれしい。
7点 取り憑かれたスカーブ/Possessed Skaab - U
青黒がやや辛い組み合わせだが、能力は強力。血の儀式の司祭/Priest of the Blood Rite不浄な飢え/Unholy Hungerを使いまわして相手を唸らせよう。
7点 隠棲した工匠/Reclusive Artificer - U
ハマれば火力は抜群。青赤が決まっているなら自然とアーティファクトも集まるだろう。
6点 群れのシャーマン/Shaman of the Pack - U
構築と違い、エルフ主体にはできないのが難点。3マナ3/2のサイズは及第点なので、十分戦力になる。
8点 雷鳴のワイヴァーン/Thunderclap Wyvern - U
4マナ2/3飛行瞬速の基本性能に、飛行クリーチャーのロード能力。相手の攻撃クリーチャーを打ち取りつつ、返しで手痛い一撃をお見舞いしよう。
8点 ゼンディカーの具現/Zendikar Incarnate - U
最低でも4/4のサイズは保証されているため、マナレシオに優れる。あとは放っておけば自然と大きくなっていく。

[編集] アーティファクト

5点 錬金術師の薬瓶/Alchemist's Vial - C
生け贄能力はもちろん便利だが、ドローがついているところが良い。
3点 アルハマレットの書庫/Alhammarret's Archive - M
ドローソースやライフ回復をいかに取れるか。
6点 天使の墳墓/Angel's Tomb - U
アヴァシンの帰還では優秀なフライヤーとして機能したが、この環境で3ターン目にプレイするのは不安。
5点 結束した構築物/Bonded Construct - C
攻めるデッキでは使いにくいが、相打ち要因としてパワー2のブロッカーが欲しいデッキでは侮れない活躍をする。
4点 喧嘩屋の板金鎧/Brawler's Plate - U
修正は強力だが、プレイも装備もコストがかかりすぎる。
7点 鋳造所の隊長/Chief of the Foundry - U
ロード能力が機能すれば3マナとは思えない性能。ぜひ青赤のアーティファクトデッキで使ってあげたい。
6点 黄金造りの歩哨/Gold-Forged Sentinel - U
膠着した後の4/4飛行は十分なフィニッシャー。
6点 護衛する自動機械/Guardian Automaton - C
ライフ回復、アーティファクトの頭数などできることは多い。
4点 メレティスの守護者/Guardians of Meletis - C
殴るデッキでは使いづらいが、ある程度ゆっくりしたデッキではこの上ない安心感。
10点 搭載歩行機械/Hangarback Walker - R
どの色でも使える、最強のアドバンテージカード。マナカーブのあらゆる隙間を埋めてくれる。
1点 神々の兜/Helm of the Gods - R
エンチャントの枚数、装備する手間、どれを見ても割に合わない。
3点 ジェイムデー秘本/Jayemdae Tome - U
これでアドバンテージを稼ぐゲームにはなりづらい。
8点 魔道士輪の対応者/Mage-Ring Responder - R
殴りはじめれば圧倒的な制圧力があるが、出る前にゲームが終わることもしばしば。
5点 隕石/Meteorite - U
かなり重いが、腐っても2点火力。
2点 護法の宝珠/Orbs of Warding - R
リミテッドで呪禁能力が活躍することはない。ダメージ軽減も遅すぎる。
1点 プリズムの指輪/Prism Ring - U
いつものチャーム枠。当然いつも通りの扱いだ。
2点 紅蓮術師のゴーグル/Pyromancer's Goggles - M
リミテッドではほぼ赤マナを出すだけのアーティファクト。大量に火力が取れているならあるいは。
6点 破衝車/Ramroller - U
単体では普通のカードだが、軽いアーティファクトがあれば打撃力が倍増。
6点 ルーンの苦役者/Runed Servitor - U
2マナ2/2の熊。それだけで十分な戦力だ。
6点 武勇の印章/Sigil of Valor - U
意外と数が並ぶため、修正値も馬鹿にならない。それがこのコストなら喜んで使いたい。
8点 精霊信者の剣/Sword of the Animist - R
殴りはじめると一方的にアドバンテージを稼ぎだす。最序盤は装備コストが気になるところ。
8点 投げナイフ/Throwing Knife - U
2点火力としても装備品としても十分な性能。能力に対して相手がコンバットトリックを使いづらいのもいい。
5点 古参兵の予備武装/Veteran's Sidearm - C
地味ながら+1/+1修正は大きい。枠が空いたらぜひ入れたい。
3点 戦の角笛/War Horn - U
3マナ払って置きたいかと言われると微妙。大量に横に並ぶデッキならばまあ・・・

[編集] 土地

5.5点 戦場の鍛冶場/Battlefield Forge - R
色が合えば+1点
5.5点 コイロスの洞窟/Caves of Koilos - R
色が合えば+1点
6点 進化する未開地/Evolving Wilds - C
3色なら是非欲しい。腐らなく、単純に便利
5.5点 領事の鋳造所/Foundry of the Consuls - U
5,6マナがでる状況で1/1飛行が2体は強いとは言えない。カット目的でのピックはない。
5.5点 ラノワールの荒原/Llanowar Wastes - R
色が合えば+1点
3点 魔道士輪の魔力網/Mage-Ring Network - U
マナが足りなくなるような状況は起こりにくい。弱い。
4.5点 ならず者の道/Rogue's Passage - U
リミテでメインから…というのも若干考えるレベル。5マナという起動コストがネック
5.5点 シヴの浅瀬/Shivan Reef - R
色が合えば+1点
5.5点 ヤヴィマヤの沿岸/Yavimaya Coast - R
色が合えば+1点


[編集] 参考

QR Code.gif