白蘭の騎士/Knight of the White Orchid

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Knight of the White Orchid / 白蘭の騎士 (白)(白)
クリーチャー — 人間(Human) 騎士(Knight)

先制攻撃
白蘭の騎士が戦場に出たとき、対戦相手1人があなたより多くの土地をコントロールしている場合、あなたはあなたのライブラリーから平地(Plains)カードを1枚探してもよい。そうしたなら、それを戦場に出し、その後あなたのライブラリーを切り直す。

2/2

土地税/Land Taxの流れを汲む特有の土地サーチ能力を備えたクリーチャー対戦相手よりコントロールしている土地が少ない場合に土地をサーチできる。

構築において2マナ2/2の先制攻撃白ウィニーのクリーチャーとしてそれなり。土地を切り詰めることの多いウィニーで、土地事故の可能性を少しでも減らせるメリットは大きい。単純に後攻スタートの3ターン目に唱えて、手札からも土地をプレイできればテンポ面で優位に立てる。カード・アドバンテージも得ているのがありがたい。

初出時のスタンダードでは、白ウィニー赤白ヒバリに採用され、ローテーション後も引き続き白ウィニーで活躍した。相性が良い境界石と併用されることも多かった。

マジック・オリジンでの再録後は、色拘束の強さや白ウィニーなどの白の濃いデッキ自体がメタゲーム上に存在しないこともあり、白単信心で採用される程度にとどまっている。

エクステンデッドにおいても、白ウィニーに採用された。

リミテッドでは先制攻撃によってクリーチャー戦に強いため地上の戦線構築に一役買ってくれる性能。ただし色拘束が強く、特に初出当時は多色が基本の環境であったためその点がネックとなることも多かった。

[編集] 開発秘話

このカードのイラストは開発時に他のカードと交換されたものである。最初にこのカードに用意された騎士のイラストヴァレロンに仕える者/Steward of Valeronに転用されている。その代わり、当初は「Armageddon Man」としてデザインされていた領土を滅ぼすもの/Realm Razer用のバント騎士のイラストがあぶれていたため、こちらで採用されることになった。土地を消去する嵐を起こそうとする騎士の姿が、土地を引っ張ってくるメカニズムに再利用された訳だが、雰囲気は出ている。(→Topic Explosion参照)

[編集] ストーリー

白蘭の騎士/Knight of the White Orchidバント/Bant白蘭騎士団/The Order of the White Orchidを構成する騎士。開けた平地の先達(ガイド)であり護衛(ガード)である。

[編集] 参考

QR Code.gif