前線の僧侶/Cleric of the Forward Order

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Cleric of the Forward Order / 前線の僧侶 (1)(白)
クリーチャー — 人間(Human) クレリック(Cleric)

前線の僧侶が戦場に出たとき、あなたはあなたがコントロールしている《前線の僧侶/Cleric of the Forward Order》という名前のクリーチャー1体につき2点のライフを得る。

2/2

同じカード名を参照してライフ回復をするCIP能力持ちクリーチャー

単体でも1マナ軽いありがたい老修道士/Venerable Monk相当であり、2体目以降の回復量は2マナ2/2のオマケとしては破格。リミテッドでは便利なだが、同マナ域にはトーパの自由刃/Topan Freeblade領事補佐官/Consul's Lieutenantなどライバルが多い。採用の際はカードプールと相談したい。

スタンダード構築ではアラシンの僧侶/Arashin Clericと競合する。数が揃った時の回復量は魅力的だが、後述の妨害に弱い点を考慮するとやや分が悪いか。

  • 何点回復できるかは解決時に決定される。そのため、誘発対応して除去などで前線の僧侶というカード名のクリーチャーがいなくなってしまうとライフを得る事はできないので注意。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

マジック・オリジンの、自身と同じ名前カードを参照するカードのサイクル。いずれもコモンで、森林群れの狼のみ再録

[編集] ストーリー

The Forward Order」は、単なる「前線」と訳されているが、ドミナリア/Dominariaの治療技術に献身する僧侶の聖なる教団(holy order)のこと(イラストイラスト)。プレインズウォーカー/Planeswalkerに目覚める前のリリアナ・ヴェス/Liliana Vessが所属していた。(The Worlds of Magic Origins参照)

戦場は異なっていても、癒し手は常に死という同じ敵と闘っている。

[編集] 参考

QR Code.gif