アクロスの英雄、キテオン/Kytheon, Hero of Akros

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Kytheon, Hero of Akros / アクロスの英雄、キテオン (白)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) 兵士(Soldier)

戦闘終了時に、この戦闘でアクロスの英雄、キテオンと少なくとも2体の他のクリーチャーが攻撃していた場合、アクロスの英雄、キテオンを追放し、その後、これを変身させた状態でオーナーのコントロール下で戦場に戻す。
(2)(白):ターン終了時まで、アクロスの英雄、キテオンは破壊不能を得る。

2/1
Gideon, Battle-Forged / 歴戦の戦士、ギデオン
〔白〕 伝説のプレインズウォーカー — ギデオン(Gideon)

[+2]:対戦相手がコントロールするクリーチャーを最大1体まで対象とする。それのコントローラーの次のターン中、そのクリーチャーは可能なら歴戦の戦士、ギデオンを攻撃する。
[+1]:クリーチャー1体を対象とする。次のあなたのターンまで、それは破壊不能を得る。そのクリーチャーをアンタップする。
[0]:ターン終了時まで、歴戦の戦士、ギデオンは破壊不能を持つ4/4の人間(Human)・兵士(Soldier)クリーチャーになる。これはプレインズウォーカーでもある。このターン、これに与えられるすべてのダメージを軽減する。

3

マジック・オリジン両面カードとしてカード化された若き日のギデオン・ジュラ/Gideon Jura

クリーチャー
1マナ2/1という最軽量アタッカーの基本性能に、3マナ支払うことで破壊不能得る能力を兼ね備える。
伝説のクリーチャーなので同名カードを並べられないのが玉に瑕だが、1マナクリーチャーの標準を上回る性能を持っている。
変身条件は自身を含む3体以上のクリーチャーで攻撃して、キテオン自身が生き残ること。ただし変身を狙うためにフルタップしてクリーチャーを並べると全体除去に弱くなるので、しっかり状況を見ていきたい。
変身は強制なので、レジェンド・ルールには要注意。
+2能力
対戦相手のクリーチャー1体にギデオンへの攻撃強制を与える能力。
システムクリーチャーの排除や、高いタフネスを持つブロッカーの無効化に有効。プレイヤーへの攻撃を肩代わりしてくれる格好になるため、単純に時間稼ぎとしても優秀。特に回避能力持ちなど、こちらのブロッカーで防げない攻撃も引き受けてくれるため、ライフの少ない緊急時には頼りになる。
対戦相手のクリーチャーがいなくても起動でき、上昇する忠誠度も多いため、火力による除去をケアするためにとりあえず使っておくことも考えられる。
+1能力
次の自分のターンまでクリーチャー1体に破壊不能を与えつつ、それをアンタップする能力。
破壊不能の持続時間が長く、返しの全体除去へのケアも兼ねられる便利な能力。アンタップも応用が利きやすく、攻撃後に使ってブロッカーを準備したり、タップ能力の使用回数を増やしたりできる。
キテオンを変身させるために総攻撃した場合において、直後の対戦相手のターンには無防備になってしまうギデオンへの攻撃を防げるので、自衛のために使う機会も多いだろう。
±0能力
4/4破壊不能・自身への全ダメージ軽減を持つクリーチャーになる、ギデオン定番のクリーチャー化能力。
無敵の4/4は1マナの元手としては破格のサイズであり、警戒すべき対戦相手のクリーチャーがいないならこの能力を使って積極的に殴っていくことになる。
  • 変身させるために2体の1/1クリーチャーが犠牲になっている場合には、ダメージ効率が上がっていないことに注意。

1マナ2/1で、プレインズウォーカーになれば戦闘ではほぼ無敵の4/4になれるという、小型クリーチャーとしては間違いなく水準以上の力を備えているが、±0以外の能力はギデオン・ジュラ/Gideon Juraと同様どちらかというと防御的な能力であり、ウィニー戦術とあまりかみ合っていないのが残念。登場時のスタンダードでは白ウィニーも難しく、あまり活躍しなかった。しかしローテーション後にイニストラードを覆う影人間がフィーチャーされた事により、スタンダード・モダンともに人間ウィニーが成立し、採用されるようになった。

  • これまでそのカード自身を指す「him」は「彼」と訳されてきたが、このサイクルから「これ」と訳されるようになった。詳細はギデオン・ジュラ/Gideon Juraを参照。
  • 変身の際に追放を挟むため、それまでに得た+1/+1カウンターなどは全て取り除かれることに注意。サイクルに共通の挙動ではあるが、特にこれは変身後もクリーチャーとしての仕事を持つため、計算間違いや逆にカウンターの「持ち越し」などをしないように注意しよう。

[編集] ルール

[編集] 開発秘話

開発初期の段階ではマナ・コストが(2)()(白)で、P/Tが3/3あるいは4/3としてデザインされていた。しかし、描かれたイラストはそのP/Tにするにはかなり無理がある少年の姿であったことから、Sam Stoddardは、今まで作ったことのなかった1マナのプレインズウォーカーを作ることをひらめき、現在のデザインができあがった(参考/翻訳)。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

マジック・オリジンの、神話レア両面カードサイクル第1面伝説のクリーチャー第2面プレインズウォーカーであり、プレインズウォーカー/Planeswalkerたちの、プレインズウォーカーの灯/Planeswalker's Sparkが点る前の姿と、点った後の姿を表している。

[編集] ストーリー

少年時代のギデオン・ジュラ/Gideon Juraキテオン・イオラ/Kytheon Iora)。キテオンは彼が率いる不正規軍と共にエレボス/Erebosの僕である巨人を倒すが、直後にキテオン自身の行動が引き金となり仲間たちを失い、プレインズウォーカーの灯/Planeswalker's Sparkが点る。

詳細はギデオン・ジュラ/Gideon Juraを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif