過去の過ち/Shadows of the Past

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Shadows of the Past / 過去の過ち (1)(黒)
エンチャント

クリーチャーが1体死亡するたび、占術1を行う。(あなたのライブラリーの一番上のカードを見る。あなたはそのカードをあなたのライブラリーの一番下に置いてもよい。)
(4)(黒):各対戦相手はそれぞれ2点のライフを失い、あなたは2点のライフを得る。この能力は、あなたの墓地にクリーチャー・カードが4枚以上あるときにのみ起動できる。


クリーチャー死亡するたび占術1を行うエンチャント自分墓地にクリーチャー・カードが溜まるとドレイン能力も使えるようになる。

リミテッドではチャンプブロックなどでクリーチャーが死亡する機会は多く、そのたびに占術でライブラリーを掘り進められるのは有用。死亡誘発能力とのシナジーを活かせればなお良い。終盤に余りがちなマナを活かし、エンドカードにすることもできる。

構築ではクリーチャーの死亡が絡むギミックを組み込んだコントロールデッキでのライブラリー操作兼エンドカードとして採用が考えられる。しかし、エンチャントのエンドカードとしてだけならマナ・コスト重いが置けば毎ターンコスト支払いなしに同じ点数ドレインできる宮殿の包囲/Palace Siegeスタンダードに共存しているので、使うなら前半の能力を最大限に活かせる構成にしたい。

[編集] 参考

QR Code.gif