異端の癒し手、リリアナ/Liliana, Heretical Healer

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Liliana, Heretical Healer / 異端の癒し手、リリアナ (1)(黒)(黒)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) クレリック(Cleric)

絆魂
あなたがコントロールする他のトークンでないクリーチャーが1体死亡するたび、異端の癒し手、リリアナを追放し、その後、これを変身させた状態でオーナーのコントロール下で戦場に戻す。そうしたなら、黒の2/2のゾンビ(Zombie)・クリーチャー・トークンを1体生成する。

2/3
Liliana, Defiant Necromancer / 反抗する屍術師、リリアナ
〔黒〕 プレインズウォーカー — リリアナ(Liliana)

[+2]:各プレイヤーはそれぞれカードを1枚捨てる。
[-X]:あなたの墓地にある点数で見たマナ・コストがXの伝説でないクリーチャー・カード1枚を対象とし、それを戦場に戻す。
[-8]:あなたは「クリーチャーが1体死亡するたび、次の終了ステップの開始時に、それをあなたのコントロール下で戦場に戻す。」を持つ紋章を得る。

3

マジック・オリジン両面カードとしてカード化された若き日のリリアナ・ヴェス/Liliana Vess

クリーチャー
覚醒前は2/3絆魂人間クレリック。味方の他のトークンでないクリーチャーが死亡すると、それを2/2のゾンビ・トークンとして蘇らせ、自身は変身する。
リリアナ単体では変身することができないのが難点だが、他のクリーチャーを生け贄に捧げる手段があればサイクル中最も素早い変身が可能である。また、2枚目のこれを戦場に出しレジェンド・ルールを利用して条件を満たすことも可能。
+2能力
プレイヤーに影響する手札破壊
カード・アドバンテージこそ得られないが忠誠度の上がり幅が大きく、同時に対戦相手の反撃手段を削げるので打たれ強い。また手札からクリーチャー・カードを捨てることで-X能力への布石にもなる。
-X能力
自分の墓地から点数で見たマナ・コストX伝説ではないクリーチャーをリアニメイトする。
ボード・アドバンテージを稼げ、リリアナ自身の守りにも繋がる優秀な能力。ただし重いクリーチャーのコストを踏み倒すと忠誠カウンターの消費が大きいのが欠点。連発が難しいためどのクリーチャーを蘇らせるかは慎重に選びたい。
-8能力
死亡したクリーチャー全てを終了ステップに自身のコントロール下でリアニメイトする紋章を得る奥義。
対戦相手のクリーチャーも含めて死亡したクリーチャーが全て戦場に戻ってくるようになり、除去と併用すれば瞬く間に戦場を制圧できる。
この能力によるリアニメイトは強制であり、ペナルティ能力持ちが死亡した時は逆効果になることもある。例によって触れられざる者フェイジ/Phage the Untouchableが死亡すると敗北に繋がる。

スタンダードでは、生け贄シナジーを活かした先祖の結集アリストクラッツでしばしば採用されている。

  • -X能力では伝説のクリーチャーが対象外、-8能力では既に墓地にあるクリーチャーは蘇らないというのは、兄をついに蘇らせることができなかったというストーリーの反映か。
  • このサイクル共通で日本語版カードに誤訳があり、第1面で自身を指す語の「her」を「彼女」と訳すべきところを「これ」と訳されてしまっている(英語版カード画像/日本語版カード画像)。

[編集] ルール

  • 異端の癒し手、リリアナと同時に他のクリーチャー死亡した場合、能力誘発するが解決時には何も起こらない。墓地に置かれているリリアナを追放して戻すことはない。
    • 領域変更誘発である能力は、領域を移動したことでそれの誘発イベントを起こしたオブジェクトを、そのオブジェクトが移動した先の領域において見つけることができる(CR:400.7d)。したがって、リリアナのこの能力が見つけることができるのは死亡した「他のトークンでないクリーチャー」である。リリアナ自身がこれの誘発条件を満たしたわけではないので、自身を見つけることはできない。
  • 異端の癒し手、リリアナの能力が複数誘発した場合、最初に解決された能力以外はリリアナを追放しないのでゾンビトークンが複数戦場に出ることはない。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

マジック・オリジンの、神話レア両面カードサイクル第1面伝説のクリーチャー第2面プレインズウォーカーであり、プレインズウォーカー/Planeswalkerたちの、プレインズウォーカーの灯/Planeswalker's Sparkが点る前の姿と、点った後の姿を表している。

[編集] ストーリー

若き日のリリアナ・ヴェス/Liliana Vess。リリアナは病に錯乱する兄ジョス/Josuを癒すために薬の材料となるイーシスの根を探していたが、魔女の儀式によってイーシスの根は焼かれており、そこで出会った男の助言に乗り、魔女たちの命を奪ってイーシスの根を作り出す。しかしその黒きイーシスの根によって作られた水薬を口にしたジョスは、生ける屍と化してしまう。ジョスだったものに襲われる最中、リリアナのプレインズウォーカーの灯/Planeswalker's Sparkが点る。

詳細はリリアナ・ヴェス/Liliana Vess (ストーリー)を参照。

[編集] 参考

QR Code.gif