魔道士輪の暴漢/Mage-Ring Bully

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Mage-Ring Bully / 魔道士輪の暴漢 (1)(赤)
クリーチャー — 人間(Human) 戦士(Warrior)

果敢(あなたがクリーチャーでない呪文を1つ唱えるたび、ターン終了時まで、このクリーチャーは+1/+1の修整を受ける。)
魔道士輪の暴漢は、可能なら各戦闘で攻撃する。

2/2

メリット能力果敢と、ペナルティ能力攻撃強制を併せ持つ小型クリーチャー

攻撃強制は厄介なペナルティ能力なのだが、果敢の存在により独特の利点を生み出している。インスタントならなんでもコンバット・トリックになりうるので、対戦相手からしたら迂闊に2/2や3/3でブロックしたくはないだろう。攻撃強制である分その辺りが読みづらく、上手く運用すれば2マナとは思えないほどのダメージを稼いでくれる。しかし所詮は小型クリーチャーであり、ファッティメレティスの守護者/Guardians of Meletisのような高タフネス持ちには丸め込まれてしまうのはご愛嬌。

Pauperでは英雄的スライに採用されることがある。

[編集] ストーリー

イラストに描かれているのは、ジェイス/Jaceの学友のひとり、タック/Tuck。恵まれた体格を持つ、いわゆるジョックで、カーデン/Cadenやジル/Jillなどの取り巻きと共にしばしば弱い者いじめをして楽しんでいる。

「礼儀をわきまえろよ、ベレレン。俺たちはお前と一緒に眺めを楽しみたいだけだぜ。」

彼らが起こしたもめ事が、ジェイスが優れたテレパスであると知られるきっかけとなった。

  • カード名テンプレートに従って「暴漢」と大仰に訳されているが、このストーリーを踏まえればせいぜい「いじめっ子」程度の意味。

[編集] 参考

QR Code.gif