無限の抹消/Infinite Obliteration

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Infinite Obliteration / 無限の抹消 (1)(黒)(黒)
ソーサリー

対戦相手1人を対象とする。クリーチャー・カード名を1つ選ぶ。そのプレイヤーの墓地と手札とライブラリーから、その名前を持つカードを望む枚数探し、それらを追放する。その後、そのプレイヤーは自分のライブラリーを切り直す。


クリーチャーカード1種を戦場以外の領域から追放するソーサリークリーチャー名前しか指定できなくなった記憶殺し/Memoricideで、代わりに点数で見たマナ・コスト軽くなった。

特定のクリーチャーをキーカードにするコンボデッキや、フィニッシャーを1種類のクリーチャーに絞ったコントロールデッキに対しては劇的に刺さる。メタゲームを読みやすい構築サイドボード向けカード。

参入直後はあまり目立たなかったが、ローテーション後はスタンダード環境に居座る4色ラリーエルドラージ・ランプに対する対抗策として系デッキ全般のサイドボードにしばしば採用されている。

対戦相手のデッキ内のカードが分かりづらく、また構築ほど強力なコンボデッキを組みにくいリミテッドでは使いづらい。

[編集] 参考

QR Code.gif