津村健志

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

津村 健志(つむら けんじ)は、広島のマジックプレイヤーHareruya Pros所属。愛称はコガモ

目次

[編集] 概要

大礒正嗣と並ぶ国内最強プレイヤー。プロツアーサンデー6回、生涯獲得プロツアー・ポイント250点を誇る。ちなみに愛称のコガモとは若い頃、大会に参加する交通費を浮かすために、他の人の遠征にくっついて行く姿が子供の鴨に似ていたため。

日本選手権04の出場権を直前予選で獲得し、そのまま準優勝したシンデレラボーイ。翌年には構築フォーマットのトーナメントで次々と入賞し、プレイヤー・オブ・ザ・イヤー受賞を果たした。

POY受賞後リミテッドの上達に専念すると、グランプリクアラルンプール06グランプリトゥールーズ06と2連勝を成し遂げた。

また、とても正々堂々としたプレイングで知られている。グランプリモントリオール07に於いて、対戦相手契約カードコスト支払い忘れた際、指摘して支払わせた。しかも、4人の相手が支払い忘れ、その内の3人に指摘し「3人にしか指摘できなかった」と後悔のコメントを残した。なおかつ試合も勝ち進み、ベスト4進出と活躍した。

後に学業のため第一線からは遠ざかるものの、Magic Onlineでの活動と各種カバレッジの分析を元に、ライターとしても日本のマジック界に貢献し続けた。スタンダードとモダンフォーマットの考察記事を連載していた他、一部カバレッジの執筆や翻訳も手がけている。

2014年に大学卒業後、晴れる屋に入社、オーナーである齋藤友晴と共にプロチーム「Hareruya Pros」を結成した形として第一線に復帰。

[編集] 主な戦績

[編集] プロツアー

[編集] グランプリ

[編集] その他

[編集] 代表的なデッキ

[編集] 参考

マジック・プロツアー殿堂顕彰者
2005年 Jon Finkel - Darwin Kastle - Tommi Hovi - Alan Comer - Olle Råde‎
2006年 Bob Maher - David Humpherys - Raphaël Lévy - Gary Wise - Rob Dougherty
2007年 Kai Budde - Zvi Mowshowitz - 藤田剛史 - Nicolai Herzog - Randy Buehler
2008年 Dirk Baberowski - Mike Turian - Jelger Wiegersma - Olivier Ruel - Ben Rubin
2009年 Antoine Ruel - Kamiel Cornelissen - Frank Karsten
2010年 Gabriel Nassif - Brian Kibler - 齋藤友晴 - Bram Snepvangers
2011年 中村修平 - Anton Jonsson - Steven O'Mahoney-Schwartz
2012年 Paulo Vitor Damo da Rosa - 津村健志 - 大礒正嗣 - Patrick Chapin
2013年 Luis Scott-Vargas - William Jensen - Ben Stark
2014年 三原槙仁 - Paul Rietzl - Guillaume Wafo-Tapa
2015年 Eric Froehlich - 八十岡翔太 - Willy Edel
2016年 渡辺雄也 - Owen Turtenwald
2017年 Josh Utter-Leyton - Martin Juza
QR Code.gif