原初の狩人、ガラク/Garruk, Primal Hunter

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Garruk, Primal Hunter / 原初の狩人、ガラク (2)(緑)(緑)(緑)
伝説のプレインズウォーカー — ガラク(Garruk)

[+1]:緑の3/3のビースト(Beast)・クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。
[-3]:あなたがコントロールするクリーチャーの中で最大のパワーの値に等しい枚数のカードを引く。
[-6]:あなたがコントロールする土地1つにつき、緑の6/6のワーム(Wurm)・クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。

3

WHISPERのテキストは最新のオラクルに未対応です。「(トークンを)戦場に出す」は「生成する」に読み替えてください。

基本セット2012で登場した2種類目のガラク忠誠度能力は2種類のクリーチャートークン生成ドロー

+1能力
野生語りのガラク/Garruk Wildspeakerでは-1能力であった、3/3のビースト・トークンの生成。
忠誠度を上げながらブロッカーを生み出すことの強さは、過去に遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errantが証明済み。サイズがそれなりにあり、クロックとしてもかなり優秀である。
-3能力
らしく、クリーチャーのパワーを参照するドロー。
機能としては魂の威厳/Soul's Majestyに近いが、この手のカードによくある立ち消えのし辛さがとても嬉しい。クリーチャーを多用しないデッキでも、自身の1番目の能力により3ドローを確保しやすい。剛力化/Titanic Growthなどの強化手段を併用するのもよいだろう。
  • パワーを参照するクリーチャーを選べない&引くことが強制であるため、サイズが大きすぎるクリーチャーがいる場合はライブラリーアウトに注意。
-6能力
自分土地の数だけ6/6のワーム・トークンを生成する。
最低でも5枚前後は土地が並んでいるはずであり、充分に勝ちを決められる能力。返しに審判の日/Day of Judgmentなどを撃たれると損失が大きすぎるので、状況次第では無理にこの能力を狙わず、1番目・2番目の能力でアドバンテージを稼ぎ続けるのも手。

最初に登場した野生語りのガラク/Garruk Wildspeakerに比べ、マナ・コスト重くなったうえにマナ加速能力を失い、また大マイナス能力は即効性を持たないものに変わったため、ビートダウン戦略に求められる速さはかなり失われた。その分だけ、トークン展開力が増し、さらにハンド・アドバンテージまで稼げるようになったので、ターボランドなどの緑系コントロールデッキでは非常に頼れるカードパワーの高さを誇る。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

基本セット2012プレインズウォーカーサイクルギデオン・ジュラ/Gideon Juraソリン・マルコフ/Sorin Markov再録

基本セット2013プレインズウォーカーサイクル群れの統率者アジャニ/Ajani, Caller of the Pride闇の領域のリリアナ/Liliana of the Dark Realmsは新規カード、それ以外は再録

多色カードプレインズウォーカー、ニコル・ボーラス/Nicol Bolas, Planeswalkerも再録されている。

[編集] ストーリー

詳細はガラク/Garrukを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif