薄暮見の徴募兵/Duskwatch Recruiter

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Duskwatch Recruiter / 薄暮見の徴募兵 (1)(緑)
クリーチャー — 人間(Human) 戦士(Warrior) 狼男(Werewolf)

(2)(緑):あなたのライブラリーの一番上から3枚のカードを見る。あなたはその中からクリーチャー・カードを1枚公開してあなたの手札に加えてもよい。残りをあなたのライブラリーの一番下に望む順番で置く。
各アップキープの開始時に、直前のターンに呪文が唱えられていなかった場合、薄暮見の徴募兵を変身させる。

2/2
Krallenhorde Howler / 爪の群れの咆哮者
〔緑〕 クリーチャー — 狼男(Werewolf)

あなたがクリーチャー呪文を唱えるためのコストは(1)少なくなる。
各アップキープの開始時に、直前のターンにプレイヤー1人が2つ以上の呪文を唱えていた場合、爪の群れの咆哮者を変身させる。

3/3

クリーチャーに関する能力を持った両面狼男

第1面は、自然との融和/Commune with Nature系のクリーチャーを手札に加える起動型能力を持つ。マナのみでハンド・アドバンテージを稼げるため、中盤以降のアドバンテージ源として非常に便利。狼男が抱えがちな「変身するには呪文唱えないターンを作らなければならないが、何もしないとテンポ損になる」という悩みを起動型能力により自己完結的に解消しているため、他の狼男との併用にも向いている。また、能力を抜きにしても相当のマナ・コストP/Tを持つため、序盤の戦力として期待できる点も優秀。

変身後の第2面は、クリーチャーのマナ・コスト減少能力を持つ。第1面の能力とも噛み合っており、クリーチャーを多く扱うビートダウンデッキにとっては非常に嬉しい能力。一度に複数展開しやすくなるため一時的な爆発力は大きいが、そうすると再び変身して第1面に戻ってしまうため、恒久的なコスト減少手段としては扱いにくい点は玉に瑕。もっとも、その場合は手札も減っているため、再びクリーチャーを補充できるようになると考えれば悪くない。

息切れ対策と展開補助をこれ一枚でこなせる優秀なシステムクリーチャーであり、登場時のスタンダードでは緑を含む人間デッキ黒緑アリストクラッツなどに採用された。リミテッドでも強力であり、色が合うなら積極的に採用したい。

モダンではドルイド・コンボで採用される。単にコンボパーツを集めるのに役立つだけでなく、無限マナが成立すれば1枚挿しフィニッシャーを確実に手札に持ってくることができる。

[編集] 参考

QR Code.gif