三原槙仁

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

三原 槙仁(みはら まきひと)は、日本のマジックプレイヤー。かつては大分在住であったが、現在は千葉に在住している。一女の父。

ニックネームは「魔王」、「マッキー」、「ラミハル」および「レイザーラモハルHG」。最後の元ネタは2005年にブレイクした芸能人レイザーラモンHG日本選手権05優勝デッキレイザートロンもここから付けられた。

目次

[編集] 概要

海外大会はおろか国内グランプリにすらほとんど参加していない時期に、日本選手権The Finals5期連続ベスト8という驚異的な安定感を見せ注目を浴びた。かつて、地元大分のDCI認定大会であまりにも勝ちすぎたため、米国のDCIから虚偽報告ではないかと調査が入ったという逸話もある。就職のため千葉に移住した後はほぼ全ての国内グランプリに参加するようになり、ベスト8常連として更に名声を高めていくことになる。

世界選手権06で初のプロツアーサンデー進出。驚異的な引きを連発し、見事に世界王者となった。

グランプリ岡山08において国内イベント初戴冠。

世界選手権11の団体戦部門において日本代表チームを率い見事優勝に導いた。

プロツアー「ドラゴンの迷路」において4度目のプロツアーサンデーを達成し、自身初のプラチナレベルに到達した。

2014年マジック・プロツアー殿堂入り。

  • 世界選手権06のビデオマッチにおいて、ウィニー相手に追い詰められた状況下で、ドラゴンの嵐/Dragonstorm唱えようとした際に計算違いでマナが足りず、仕方なく撤廃/Repealを唱えるとキャントリップで3枚目の炎の儀式/Rite of Flameトップデッキし、大逆転勝利をものにした、など豪腕エピソードを多数抱える。
  • その豪腕ぶりから、実況には"Master of the Dragons"などと揶揄されている(→ドラゴンストーム)。
  • 彼の真価は確率に裏打ちされた戦略論である。鋭い読みと局面においてどう行動すれば勝率が最大になるかを常に意識してプレイしていることが伺える。
  • 非常に目的意識の高いプレイヤーで、野試合でも「サイドボードありの3試合制」で常にゲームを行う。使うデッキは常に次に行われる大きな大会のレギュレーションに則っている。
  • 大分在住のころはThe Finalsには「青春18きっぷ」で参加していた。戦績を見る限り上京した甲斐は十分にありそうだ。
  • 座右の銘は「コスト・パフォーマンス」とのこと。(ニコニコ生放送出演時本人談)

[編集] 主な戦績

[編集] プロツアー

[編集] グランプリ

[編集] その他

[編集] 代表的なデッキ

[編集] 参考

マジック・プロツアー殿堂顕彰者
2005年 Jon Finkel - Darwin Kastle - Tommi Hovi - Alan Comer - Olle Råde‎
2006年 Bob Maher - David Humpherys - Raphaël Lévy - Gary Wise - Rob Dougherty
2007年 Kai Budde - Zvi Mowshowitz - 藤田剛史 - Nicolai Herzog - Randy Buehler
2008年 Dirk Baberowski - Mike Turian - Jelger Wiegersma - Olivier Ruel - Ben Rubin
2009年 Antoine Ruel - Kamiel Cornelissen - Frank Karsten
2010年 Gabriel Nassif - Brian Kibler - 齋藤友晴 - Bram Snepvangers
2011年 中村修平 - Anton Jonsson - Steven O'Mahoney-Schwartz
2012年 Paulo Vitor Damo da Rosa - 津村健志 - 大礒正嗣 - Patrick Chapin
2013年 Luis Scott-Vargas - William Jensen - Ben Stark
2014年 三原槙仁 - Paul Rietzl - Guillaume Wafo-Tapa
2015年 Eric Froehlich - 八十岡翔太 - Willy Edel
2016年 渡辺雄也 - Owen Turtenwald
2017年 Josh Utter-Leyton - Martin Juza
QR Code.gif