国別選手権

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

国別選手権/National Championshipは、各国で年に1度開催されたプレミアイベントトーナメント。日本の国別選手権については日本選手権も参照。

目次

[編集] 概要

[編集] 2011年まで

各国の国別選手権およびその予選大会は、その国の国籍を所有する、あるいはその国に永住するDCIプレイヤーのみが参加資格を持つ。

ほとんどの国別選手権は招待制(招待権が必要であり)で開催する。地区予選大会(Regionals)で上位になる、プロプレイヤーズ・クラブが規定のレベルに達している、DCI国内総合ランキングで規定の順位以内に入るなどの条件を満たすことによって、その国の国別選手権への招待権を獲得できる(予選の人数に応じて招待枠は変動する)。ただし、国によってはオープンで開催し、招待権なしで参加できるところもある。

招待制で開催の国別選手権の上位4名、オープンで開催の国別選手権の優勝者はその年の世界選手権への招待権を獲得する。

イベント再編により2011年で廃止され、2012年から後継イベントとしてワールド・マジック・カップ予選が開催される。

[編集] 2017年から

再度のイベント再編により、ワールド・マジック・カップ予選に代わって復活予定。

[編集] 参加資格(2017年)

大前提として、ある国の国別選手権に参加するためには、その国の国籍(市民権)を持つか、永住資格を持っている必要がある。そのうえで、以下の条件の内の少なくとも一つを満たしているプレイヤーが国別選手権に招待される。

これまでのワールド・マジック・カップ予選と異なり、既に該当年度のワールド・マジック・カップ代表になったプレイヤー(前シーズン最多プロツアー・ポイント獲得者)は、国別選手権に出場することはできる。そのプレイヤーが決勝へ進出した場合、国別選手権の3位もその年のワールド・マジック・カップの代表にする(ただしトラベル賞は与えられない)。

[編集] 不戦勝

[編集] フォーマット

[編集] 2017年から

ブースター・ドラフトスタンダードが行われる予定。

[編集] 2011年まで

いずれも決勝はスタンダードで行われるが、上位8人を決めるまでのフォーマットは開催される日程によって異なる。

開催が1日のみ場合は、スイスドロー形式でドラフトが行われる。

2日間または3日間開催される場合は、スイスドロー形式で、1日目にスタンダードドラフト、2日目にドラフトスタンダードといった順序で行われる。これを俗に「ジグザグ・フォーマット」と呼ぶ。これは「片方のフォーマットのスペシャリストでなく、総合的な実力を備えたプレイヤーでないと勝ち上がりにくいようにしよう」という意図だという[1]。また、決勝は2日間の場合は2日目、3日間の場合は3日目に行われる。

ドラフトブースター・ドラフトが採用される。以前はロチェスター・ドラフトが採用されていたが、プレミアイベントでのロチェスター・ドラフトの不採用に伴いブースター・ドラフトに変更された。

[編集] 国別選手権一覧

※実際は、2011年まで67ヶ国で開催されているが、イベントカバレージが存在する国のみ列挙した。

[編集] 参考

QR Code.gif