世界選手権06

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

世界選手権06/World Championships 2006は、フランスで開催された2006年世界選手権

日本勢は三原槙仁が世界王者、八十岡翔太プレイヤー・オブ・ザ・イヤーに輝き、昨年に引き続き好成績を収めた。団体戦でも見事準優勝。

また、全部で7名もの失格者を出す荒れた大会となったため、「暗黒期(1998年頃のジャッジが特に厳しかった時期)の再来か?」などとも言われた(真相は失格についての続報を参照)。ことにルーキー・オブ・ザ・イヤーを確実視されていた鈴木貴大の失格は、特筆すべき事項である。

またこの大会でドラゴンストームが長い時を経て、ファンデッキの枠組みを越えた存在となったといえるだろう。

目次

[編集] 基本データ

[編集] 上位入賞者および注目プレイヤーの順位

[編集] その他の結果


[編集] 参考

2006年シーズン
プロツアー ホノルル - プラハ - チャールストン - 神戸 - 世界選手権(パリ)
国別選手権 日本 - フランス - オーストラリア - イタリア - カナダ - アメリカ - ドイツ - イギリス - スペイン - オランダ
グランプリ
ホノルル予選 リール - シャーロット
プラハ予選 ハッセルト - リッチモンド - ドルトムント - マニラ - カーディフ - マディソン - 浜松 - バルセロナ
神戸予選 トリノ - トロント - クアラルンプール - トゥールーズ - セントルイス - マルメ - 広島 - フェニックス
ジュネーヴ07予選 シドニー - アテネ - ニューッジャージー - 山形
その他 ヴィンテージ - レガシー - インビテーショナル - Finals
1995-19961996-19971997-19981998-19991999-20002000-20012001-20022002-20032003-20042004-2005200620072008200920102011201220132014201520162017
QR Code.gif