世界選手権11

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

世界選手権11/World Championships 2011は、サンフランシスコで開催された2011年度の世界選手権

Channel Fireball勢の活躍が目覚ましく、16勝2敗のConley Woodsを筆頭にTop8に4人を送り込むも、独自の赤緑ケッシグを駆る彌永淳也がこれを打ち破って優勝の座に輝く。また、三原槙仁率いる日本代表がチーム戦4戦全勝もあって予選を首位通過し、決勝でノルウェー代表に勝利。日本勢が個人戦・国別対抗戦の2冠に輝く華々しい結果となった。

スタンダードでは群雄割拠のメタゲームの中、急速に台頭したイリュージョンが第二勢力にまで伸し上がり、後のDelver旋風の先駆けとなっている。鍛えられた鋼は数こそ多くないものの、CFB勢が使用したことで高い戦果を上げた。

モダンは2ヶ月前に行われたプロツアーフィラデルフィア11後に多数の禁止カードが追加され、環境が一変。Zooが全体の28%を占め、それに欠片の双子が続くメタゲームとなった。コントロールもこの禁止措置を経て第一線で戦えるようになり、ビートダウンメタったボードコントロール重視の形で結果を残している。

  • 構築ラウンドにモダンが採用された初の世界選手権。
  • 旧形式で開催された世界選手権はこれが最後。
  • 日本人の個人戦Top8進出は2008年、世界選手権優勝は2006年以来となる。

目次

[編集] 基本データ

[編集] 上位入賞者

[編集] 個人戦

[編集] 団体戦

[編集] その他

[編集] 1日目スタンダード全勝

[編集] 3日目モダン全勝

[編集] 参考

2011シーズン
プロツアー パリ - 名古屋 - フィラデルフィア - 世界選手権(サンフランシスコ)
国別選手権 中国 - 日本 - フランス - オーストラリア - イタリア - アメリカ - ドイツ - スペイン - カナダ - イギリス - ブラジル
グランプリ
名古屋予選 アトランタ - パリ - デンバー - バルセロナ - 神戸
フィラデルフィア予選 ダラスフォートワース - ロンドン - プラハ - プロビデンス - シンガポール - カンザスシティ
ホノルル12予選 上海 - ピッツバーグ - モントリオール - ミラノ - ブリスベン - アムステルダム - サンティアゴ - 広島- サンディエゴ
その他 ヴィンテージ - レガシー - ブロック構築 - 日本レガシー - バトル・オブ・チャンピオン - Limits - Finals
1995-19961996-19971997-19981998-19991999-20002000-20012001-20022002-20032003-20042004-2005200620072008200920102011201220132014201520162017
QR Code.gif