ミラディン・ブロック構築

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ミラディン・ブロック構築/Mirrodin Block Constructedは、ミラディンダークスティールフィフス・ドーンに含まれるカードのみでデッキ構築するフォーマット

目次

[編集] 概要

当初から人気が高かったのは親和。それをメタる形で、12postビッグ・レッドが登場した。明らかなアーティファクト環境の中、アーティファクト対策の苦手なはあまり採用されなかった。

親和の台頭を受けて頭蓋骨絞め/Skullclamp禁止になるものの、入れ替わるように頭蓋囲い/Cranial Platingが参入し、親和の勢いは止まらなかった。しかしそれでもフィフス・ドーン参入後は、水晶の破片/Crystal Shard永遠の証人/Eternal Witnessを使いまわすCrystal Witnessデスクラウド、はたまた多色デッキ巫女覚醒など、デッキタイプはかなりバリエーションに富むようになった。

  • 2006年3月20日より禁止カードが大幅に変更された。最新でないブロック構築の禁止カード更新措置は史上初。その理由はミラディン・ブロック構築そのものではなく、ブロック・パーティが「親和vsアンチ親和」という構図になるのを防ぐためであった。→参考

[編集] 禁止カード

[編集] 代表的なデッキ

[編集] ビートダウン

[編集] コントロール

[編集] コンボ

[編集] 代表的な大会と優勝者の使用デッキ

[編集] 参考

QR Code.gif