Tawnos's Coffin

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Tawnos's Coffin (4)
アーティファクト

あなたは、あなたのアンタップ・ステップにTawnos's Coffinをアンタップしないことを選んでもよい。
(3),(T):クリーチャー1体を対象とし、それとそれにつけられているすべてのオーラ(Aura)を追放する。そのクリーチャーの上に置かれているカウンターの種類と数を記録する。Tawnos's Coffinが戦場を離れるかアンタップ状態になったとき、その前者の追放されたカードをオーナーのコントロール下で、タップ状態かつ記録された種類と数のカウンターが置かれた状態で戦場に戻す。そうした場合、その他の追放されたカードをオーナーのコントロール下でそのパーマネントにつけられた状態で戦場に戻す。


クリーチャー一時的にゲームから隔離するアーティファクトエンチャントだったOublietteを、再利用できるようにアーティファクト化したものともいえる。

アンタップ状態になると戻ってきてしまうものの、対象追放する能力を繰り返し使用できるのが強み。しかもインスタント・タイミングで使えるため、除去されそうなクリーチャーを守るために有用。またクリーチャー数体で代わる代わるブロックしつつETBや「戦場を離れたとき」の能力を使い回してもよく、いざとなれば相手のクリーチャーを押さえ込むこともできる。バルデュヴィアの大軍/Balduvian HordeのようなデメリットのETBを持つクリーチャーには間接的な除去になるだろう。

リミテッドでは、コストがかかるものの非常に凶悪。収録されているMasters Editionアンティキティーには有用なETB持ちはいないものの、第10版とからめたリミテッドでは慈悲の天使/Angel of Mercyネクラタル/Nekrataalなど強力なものが揃っている。またこれで追放したクリーチャーはタップ状態で戦場に戻ってくるので、これ1枚で相手のブロッカーを一時的に2体無効化できる。

[編集] 参考

QR Code.gif