アカデミーの学長/Academy Rector

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Academy Rector / アカデミーの学長 (3)(白)
クリーチャー — 人間(Human) クレリック(Cleric)

アカデミーの学長が死亡したとき、あなたはアカデミーの学長を追放してもよい。そうした場合、あなたのライブラリーからエンチャント・カードを1枚探し、そのカードを戦場に出す。その後あなたのライブラリーを切り直す。

1/2

PIG能力ライブラリーからエンチャントサーチして戦場に出せるクリーチャー

コンボパーツのサーチと戦場に出すことを同時に達成できるため、エンチャントを使ったコンボデッキで採用されることが多い。特にクリーチャーを生け贄に捧げる手段をコンボパーツに含む場合、アカデミーの学長もコンボパーツとして数えられることもある。キメラアシュノッドの供犠台/Ashnod's Altar)やスニークアタック騙し討ち/Sneak Attack)、ペブルスゴブリンの砲撃/Goblin Bombardment)がその代表例。

コンボデッキ以外にもコントロールデッキにおけるシルバーバレット要員としても優秀であり、代表的な例としてレクターコントロールが挙げられる。サーチ要員であると同時に、対戦相手攻撃を躊躇わせるブロッカーとしても期待できる。能力を能動的に誘発させるため、ファイレクシアの塔/Phyrexian Tower高級市場/High Market陰謀団式療法/Cabal Therapyなどの生け贄に捧げる手段と併用されることが多い。

スタンダード時代は同時に登場したヨーグモスの取り引き/Yawgmoth's Bargainを戦場に出す手段として優秀であり、バーゲンデッキで幅広く採用された。エクステンデッドエターナルでもレクターコントロールセラピィバーゲンなど非常に多くのデッキで活躍する強力なカードである。

[編集] 関連カード

[編集] 参考

QR Code.gif