知識の渇望/Thirst for Knowledge

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Thirst for Knowledge / 知識の渇望 (2)(青)
インスタント

カードを3枚引き、その後アーティファクト・カードを1枚捨てないかぎり、カードを2枚捨てる。


インスタントドロー呪文。3枚引いた後、アーティファクトカード1枚か任意のカードを2枚捨てる

3マナライブラリーを3枚も掘り下げることができ、条件次第では手札を増やすこともできる。最悪でも手札の密度を上げられるため、非常に使い勝手がよい。ミラディン・ブロック最強のドロー呪文と言っても過言ではなく、その採用率とカードパワーは、嘘か真か/Fact or Fictionと双璧をなすレベル。

アーティファクトがテーマであるミラディンのカードであり、少し意識して構築すれば、終盤価値の下がる教議会の座席/Seat of the Synod旅人のガラクタ/Wayfarer's Baubleなど、捨てるアーティファクトには困らない。

スタンダードでは、を含むコントロールデッキ全般から初期の親和ブルード親和)まで幅広く使用された。モダンでも青系コントロールデッキに4枚採用されることが多い。

エターナルでは、青茶単に近いデッキで、アーティファクト・土地とセットでメインのドローカードとして採用されている。特にヴィンテージではMoxもあるので、さらにカードパワーは上がる。2008年6月20日の制限改訂でドローカードが減った後のマナ吸収/Mana Drain系デッキにしばしば4枚投入され、Tezzeret's Vaultが大きく勢力を伸ばすことになった。

2009年7月1日よりTezzeret's Vaultの弱体化などを目的としてヴィンテージにて制限カードに指定された[1]が、2015年10月2日より制限解除される[2]。制限当時からカードプールやメタゲームが大きく変化しており、制限の意味が薄れたことが理由。

[編集] 関連カード

カードを引き、特定のカード・タイプのカードを捨てるか2枚捨てるドロー呪文。

[編集] 参考

  1. Crafting a Vintage(Daily MTG 2009年6月26日)
  2. September 28, 2015 Banned and Restricted Announcement/2015年9月28日 禁止制限カードリスト告知(Daily MTG 2015年9月28日)
QR Code.gif