教議会の座席/Seat of the Synod

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Seat of the Synod / 教議会の座席
アーティファクト 土地

(教議会の座席は呪文でない。)
(T):(青)を加える。


ミラディン・ブロックカードの中で一番間違っていると名高いアーティファクト・土地群。その中の青マナを生み出す土地

物読み/Thoughtcastとともに親和の基本パーツである。手札がすぐに尽きる親和において物読みによるドローサポートは最も重要であるため、サイクル中ではこの教議会の座席が最も使用頻度が高かったのではないだろうか。

それ以外にも用途は広く、青系コントロールビートダウン知識の渇望/Thirst for Knowledge捨てられたり、ティンカー修繕/Tinkerのエサになったりする。粗石の魔道士/Trinket Mageサーチすることも可能。

2005/03/20より、スタンダード禁止カードに指定された。さらにミラディン・ブロック構築で2006/03/20より、モダンではフォーマット開始当初からの禁止カードに。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ミラディンアーティファクト・土地サイクル

ダークスティールでは、無色版のダークスティールの城塞/Darksteel Citadelが登場した。

親和デッキを横行させた元凶。すべてが2005年3月20日より、スタンダード禁止カードに指定された。2006年3月20日より、ミラディン・ブロック構築でも禁止カードに指定されている。モダンではダークスティールの城塞を除く五つが、フォーマット制定当初より禁止カード。

[編集] 参考

QR Code.gif