昇華者

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

昇華者/Processorは、クリーチャー・タイプの1つ。


Blight Herder / 荒廃を招くもの (5)
クリーチャー — エルドラージ(Eldrazi) 昇華者(Processor)

あなたが荒廃を招くものを唱えたとき、あなたは追放領域からあなたの対戦相手がオーナーであるカードを2枚、それらのオーナーの墓地に置いてもよい。そうしたなら、無色の1/1のエルドラージ(Eldrazi)・末裔(Scion)クリーチャー・トークンを3体生成する。それらは「このクリーチャーを生け贄に捧げる:あなたのマナ・プールに(◇)を加える。」を持つ。

4/5


Oracle of Dust / 塵の予言者 (4)(青)
クリーチャー — エルドラージ(Eldrazi) 昇華者(Processor)

欠色(このカードは無色である。)
(2),追放領域から対戦相手がオーナーであるカードを1枚そのプレイヤーの墓地に置く:カードを1枚引き、その後カードを1枚捨てる。

3/5


Ulamog's Nullifier / ウラモグの失却させるもの (2)(青)(黒)
クリーチャー — エルドラージ(Eldrazi) 昇華者(Processor)

欠色(このカードは無色である。)
瞬速
飛行
ウラモグの失却させるものが戦場に出たとき、呪文1つを対象とする。あなたは追放領域から対戦相手がオーナーであるカードを2枚、それらのオーナーの墓地に置いてもよい。そうしたなら、それを打ち消す。

2/3

戦乱のゼンディカーで新設されたクリーチャー・タイプ。エルドラージ/Eldraziの血族の姿の一つ。

無色キーワード能力欠色により無色になっているものも含む)にのみ存在する。欠色の昇華者はマナ・コスト色マナが含まれるため、マナの観点から見るならば無色と、および青黒多色に存在していることになる。

いずれもエルドラージのクリーチャー・タイプを併せ持ち、「追放領域にある対戦相手オーナーであるカード墓地に置くことで機能する能力」を持つ。

部族カード伝説のカードは存在しない。

[編集] メカニズムのルール

  • 誘発型能力の場合、追放領域からカードを墓地に置くか決めるのはその能力の解決時である。
  • 追放領域から墓地に移動したカードは追放領域での記憶を失い新しいオブジェクトになる。例えば、停滞の罠/Stasis Snareによって追放されたカードを墓地に置いたなら、その停滞の罠が戦場を離れても墓地からカードが戻る事は無い。
  • 先頭に立つもの、アナフェンザ/Anafenza, the Foremost虚空の力線/Leyline of the Voidの影響下にある状態で追放領域のカードを墓地に置く場合、それらは墓地に移動する代わりに追放領域に留まる。それによっても昇華者の能力のコストは支払われた事になる。ただしこの方法で複数枚のカードを追放領域から墓地に置く能力のコストを、追放領域のカード1枚で支払う事は出来ない。
    • それらは領域は移動しないが、新しく追放されたのと同じように新しいオブジェクトになる(CR:406.7)。停滞の罠によって追放されていたとしても戦場に戻らなくなり、待機状態だったのなら時間カウンターは全て取り除かれる。待機によって唱える能力は誘発するが、新しいオブジェクトとなったカードを唱える事はできない。
  • 追放領域にある裏向きのカードは何によって裏向きに追放されたかと、それによってどの順番で追放されたかを記憶している。それは公開情報である。同じオブジェクトに同じタイミングで追放された裏向きのカード群(二枚舌/Duplicityなど)からカードを選ぶ場合、その中から無作為に選んで墓地に置く(CR:406.4)。墓地に移動したカードは表向きになる。
  • 多人数戦の場合、複数枚の追放領域のカードを墓地に置く能力で、異なる対戦相手のカードをそれぞれ選んでもよい。

[編集] 参考

QR Code.gif