ETB

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
22行: 22行:
  
 
==ルール==
 
==ルール==
*ETB[[能力]]は、そのパーマネント[[呪文]]自身が[[解決]]されたり、それを[[戦場に出す]][[呪文]]や能力の[[解決]]後に[[スタック]]に置かれる。ETB能力が[[対象]]を選ぶならこの際に選ぶ。そのパーマネント呪文を唱える際ではない。
+
*ETB[[能力]]は、その[[パーマネント呪文]]自身が[[解決]]されたり、それを[[戦場に出す]][[呪文]]や能力の[[解決]]後に[[スタック]]に置かれる。ETB能力が[[対象]]を選ぶならこの際に選ぶ。そのパーマネント呪文を唱える際ではない。
 
**[[対戦相手]]はパーマネント呪文に[[対応]]することでETB能力がスタックに置かれる前に対策することもできる。例えば、[[炎の斬りつけ/Flame Slash]]も[[火炎舌のカヴー/Flametongue Kavu]]も[[対象]]のクリーチャー1体に4点の[[ダメージ]]を[[与える]]が、[[対戦相手]]が[[高層の神秘家/Aerie Mystics]]を[[コントロール (ルール用語)|コントロール]]している場合、前者なら高層の神秘家の能力を起動されても[[立ち消え]]になるのみだが、後者だと火炎舌のカヴーを唱えたのに対応して(ETB能力がスタックに置かれる前に)高層の神秘家の能力を起動されれば、火炎舌のカヴーはETB能力で味方を[[対象]]に選ぶことになってしまう。
 
**[[対戦相手]]はパーマネント呪文に[[対応]]することでETB能力がスタックに置かれる前に対策することもできる。例えば、[[炎の斬りつけ/Flame Slash]]も[[火炎舌のカヴー/Flametongue Kavu]]も[[対象]]のクリーチャー1体に4点の[[ダメージ]]を[[与える]]が、[[対戦相手]]が[[高層の神秘家/Aerie Mystics]]を[[コントロール (ルール用語)|コントロール]]している場合、前者なら高層の神秘家の能力を起動されても[[立ち消え]]になるのみだが、後者だと火炎舌のカヴーを唱えたのに対応して(ETB能力がスタックに置かれる前に)高層の神秘家の能力を起動されれば、火炎舌のカヴーはETB能力で味方を[[対象]]に選ぶことになってしまう。
 
*ETB能力を持つ[[クリーチャー]]が戦場に出た直後に[[状況起因処理]]によって[[墓地]]に置かれても、ETBは既に誘発しており状況起因処理のチェック後にスタックに置かれる。
 
*ETB能力を持つ[[クリーチャー]]が戦場に出た直後に[[状況起因処理]]によって[[墓地]]に置かれても、ETBは既に誘発しており状況起因処理のチェック後にスタックに置かれる。

2022年7月20日 (水) 15:16時点における最新版

ETBとは、「戦場に出る」を意味する俗語および開発部用語。

転じて

  1. 「このパーマネント戦場に出たとき」誘発条件を持つ誘発型能力
  2. まれに、「このパーマネントが戦場に出るに際し」などの置換効果を持つ常在型能力

を指す。当Wikiでは1.の意味で使用しているため、そちらを解説する。

目次

[編集] 解説


Ravenous Rats / 貪欲なるネズミ (1)(黒)
クリーチャー — ネズミ(Rat)

貪欲なるネズミが戦場に出たとき、対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーはカードを1枚捨てる。

1/1


Fists of Ironwood / 鉄の樹の拳 (1)(緑)
エンチャント — オーラ(Aura)

エンチャント(クリーチャー)
鉄の樹の拳が戦場に出たとき、緑の1/1の苗木(Saproling)クリーチャー・トークンを2体生成する。
エンチャントされているクリーチャーはトランプルを持つ。



Radiant Fountain / 光輝の泉
土地

光輝の泉が戦場に出たとき、あなたは2点のライフを得る。
(T):(◇)を加える。


語源は「戦場に出る/Enter The Battlefield」の頭文字。基本セット2010前のルール用語である「場に出る/Comes Into Play」の略であるCIPという呼び方も根強い。

英語の開発記事では、略さずそのまま「"enters the battlefield" effect」「enters-the-battlefield effect」と書くことも。

いずれにしても、マジック日本公式サイトでは「入場入場効果、まれに入場能力)」と翻訳されている(日本公式サイトを「入場効果」で検索日本公式サイトを「入場能力」で検索)。

  • 対になる概念として、「戦場から墓地に置かれる(ときに誘発する能力)」のことをPIG(能力)という。

[編集] ルール

[編集] その他

[編集] 単純な効果のETB能力を持つカードの代表

ライフ操作
カード・アドバンテージ
除去
その他

[編集] 参考

  1. A Few More Words from R&D/開発部語辞典・増補版Making Magic 2013年6月10日 Mark Rosewater著)
  2. A Few More Words from R&D/開発部語辞典2016(Making Magic 2016年11月8日 Mark Rosewater著)
  3. 素晴らしいバニラの材料(Latest Developments 2016年11月11日)
  4. 『アモンケット』語り その2(Making Magic 2017年5月1日)
http://mtgwiki.com/wiki/ETB」より作成
QR Code.gif