タイニー・リーダーズ

提供:MTG Wiki

2017年10月13日 (金) 00:08時点における126.78.1.94 (トーク) - whois による版
移動: 案内, 検索

タイニー・リーダーズ(Tiny Leaders)は、非公式フォーマットの1つ。統率者戦のバリエーションであり、「デッキ枚数は通常の半分(統率者含め50枚)」「3マナ以下のカードのみで構築する」というニ点が特徴。

目次

解説

「手軽に楽しめる統率者戦」というコンセプトで2013年に考案されたフォーマット。「使用カードは3マナ以下」という制限があるものの、デッキ総数が50枚で済む上にゲームもスピーディに進むので、統率者戦特有のカード資産差の問題やプレイ時間増長の問題が大きく緩和されている。

ルール

基本的なルールは統率者戦に準ずるが、以下にタイニー・リーダーズ特有のルールを記載する。

統率者戦の項も参照のこと。

構築ルール

統率者として点数で見たマナ・コストが3以下の伝説のクリーチャー・カードを1枚選ぶ。共闘を持つ伝説のクリーチャー・カードを2枚用いることもできるが、その際はデッキの固有色が3色以下になるように選ばなければならない。

統率者の固有色ルールに従い、ハイランダー構成で点数で見たマナ・コストが3以下のカードのみを用いてデッキを構築する。デッキの枚数は統率者と合わせて50枚で構築する。

ゲームルール

プレイヤー開始時のライフの総量‎は25点である。

統率者ダメージのルールは適用しない。

2人対戦マッチを行う場合、10枚のサイドボードの使用が認められている。ゲームとゲームの間にメインデッキのカードとサイドボードのカードを入れ替えることを選んでもよい。なお、統率者の変更は認められていない。

使用カード

ヴィンテージにおける禁止カード、および点数で見たマナ・コストが4以上のカードは使用できない。また、以下の特例も存在する。(Tiny Leaders: Ban List

分割カードは、両方の点数で見たマナ・コストの合計が4以上である場合は使用不可である。

  • 以前は両方の半分がどちらも3マナ以下であるものは、点数で見たマナ・コストの合計にかかわらず使用できていたが、2017年9月29日に変更された。

タイニー・リーダーズ限定カード

3色以下の色の組み合わせのうち、ギラプールの希望/Hope of Ghirapurが登場するまでは、無色には3マナ以下の伝説のクリーチャーが存在しなかった。そのため、架空のカードGlassを特例として統率者として用いることができる。


非公式/非実在カード

Glass (◇)(◇)(◇)
伝説のクリーチャー

3/3


  • ギラプールの希望登場後も Glass は廃止されていない。

その他

統率者の条件が厳しいため、色の組み合わせを重視すると統率者が選り好みできない。特に下記の組み合わせは、共闘を除けば選べる統率者は1枚しか存在しない(イクサラン現在)。

また、赤緑白緑白青については、3色に縛るならば共闘で選択できる組み合わせが存在しない。

旧ルール

  1. アナの戦闘魔道士/Ana Battlemageタイプ行を「伝説のクリーチャー - 人間ウィザード」と読み替えたもの
  2. 架空のカードSultai

非公式/非実在カード

Ana Battlemage/アナの戦闘魔道士 (タイニー・リーダーズ限定カード版) (2)(緑)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)

キッカー(2)(青)/(1)(黒)
アナの戦闘魔道士が戦場に出たとき、それが(2)(青)でキッカーされていた場合、プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーはカードを3枚捨てる。
アナの戦闘魔道士が戦場に出たとき、それが(1)(黒)でキッカーされていた場合、アンタップ状態のクリーチャー1体を対象とし、それをタップする。そのクリーチャーはそれのコントローラーに、自身のパワーに等しい点数のダメージを与える。

2/2



非公式/非実在カード

Sultai (黒)(緑)(青)
伝説のクリーチャー

3/3


参考

QR Code.gif