宿命/Kismet

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Kismet / 宿命 (3)(白)
エンチャント

あなたの対戦相手がプレイするアーティファクトとクリーチャーと土地は、タップ状態で戦場に出る。


WHISPERのテキストは最新のオラクルに未対応です。「対戦相手がプレイする」は「対戦相手がコントロールする」に読み替えてください。

対戦相手の動きを制限するエンチャント。対戦相手のコントロール下で戦場に出るアーティファクトクリーチャー土地タップインさせる。

停滞/Stasis冬の宝珠/Winter Orbのようなロック手段とのコンボが有名。新たにプレイされた土地までも縛ってしまうため、ロックの打開手段を大幅に制限してくれる。

また、対戦相手の展開を遅らせ、速攻をほぼ無意味化するという防御的な面に加え、ブロッカーの運用が1ターン遅くなるなど攻撃面のサポートもしてくれる。Sensei, Senseiなど、戦場に出してすぐタップ能力を使う系統のコンボも封じてくれるだろう。

[編集] オラクルの変遷

レジェンド初出時のルール文章は「対戦相手によってプレイされたアーティファクトとクリーチャーと土地」をタップインさせるものだった。

第4版では「対象プレイヤー1人がコントロールするアーティファクトとクリーチャーと土地」と1人に限定されるが、プレイ以外で戦場に出るものにも適用されるように変更された。第5版も同様であった。(なお、日本語版第4版ではプレイヤーを対戦相手と訳していた。)

第6版でレジェンドと同機能のテキストに戻されたが、1999年6月頃のオラクル更新で「対戦相手がコントロールするアーティファクトとクリーチャーと土地」に変更された。この変更は不適として、2010年9月のオラクル更新で再びレジェンド(第6版)と同機能のテキストに戻された。

この変更により、初出時に宿命と同じテキストを持っていた凍りつく霊気/Frozen Aetherとは機能が異なるようになった。しかし依然として多くのプレイヤーは宿命が凍りつく霊気と同じ機能を持つものとして遊んでおり、混乱を避けるため、2017年7月のオラクル更新で凍りつく霊気に合わせて再度「対戦相手がコントロールする」へと変更された。

[編集] 関連カード

[編集] 主な亜種

根の迷路/Root Maze以降のものはそれがプレイされているかどうかを見ないようになっている。

[編集] 参考

QR Code.gif