氷雪土地

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

氷雪土地/Snow Landは、特殊タイプ氷雪」を持つ土地の総称。


Snow-Covered Plains / 冠雪の平地
基本氷雪土地 — 平地(Plains)



Arctic Flats / 極北の干潟
氷雪土地

極北の干潟はタップ状態で戦場に出る。
(T):(緑)か(白)を加える。



Dark Depths / 暗黒の深部
伝説の氷雪土地

暗黒の深部はその上に氷(ice)カウンターが10個置かれた状態で戦場に出る。
(3):暗黒の深部から氷カウンターを1個取り除く。
暗黒の深部の上に氷カウンターが1個も置かれていないとき、それを生け贄に捧げる。そうしたなら、飛行と破壊不能を持つ、伝説の黒の20/20のアバター(Avatar)・クリーチャー・トークンの《マリット・レイジ/Marit Lage》を1体生成する。


「氷雪」が初登場したアイスエイジで収録された5種類の基本氷雪土地が初出。その後氷雪が再録されたコールドスナップでは氷雪の基本でない土地が新たに登場した。モダンホライゾンカルドハイムでも新規の基本でない氷雪土地が収録された。また、いずれのセットでも氷雪土地を参照するカードが収録されている。

氷雪土地から生み出されたマナ氷雪マナとして扱われる。これは氷雪土地に限らず氷雪であるカード全てに言えることだが、土地以外でマナを生み出せる氷雪カードは限られるため、氷雪マナが必要なデッキにはマナ基盤として氷雪土地が必要不可欠と考えていいだろう。

[編集] 参考

QR Code.gif