戦場に出ないクリーチャー

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

戦場に出ないクリーチャーとは、通常通りに戦場に出ることを主目的とされずにデッキに投入されるクリーチャー、もしくは、コンボキーカードとしてのみに投入されるクリーチャーのこと。

クリーチャーによっては、が全く合わず素出し不可能なデッキに入れられることもある。

[編集] 戦場に出ない使われ方をする主なクリーチャー

下の一覧は戦場に出ないクリーチャーではなく、「戦場に出ない使われ方」に関するものであり、実際には通常の使われ方をされるクリーチャーも多い。

猛火の群れ/Blazing Shoalピッチ唱える際の代替コストになる。
サイクリング誘発型能力目的でサイクリングされる。
ライブラリーから墓地に置かれ、縫合グール/Sutured Ghoul能力追放領域に行く使われ方をする。→アングリーハーミット2アングリーグール
墓地にいる間のみ機能する能力を目当てに共鳴者などにより手札から直接墓地に置かれる。
膨大な点数で見たマナ・コストを利用してうつろう爆発/Erratic Explosionの能力や蟻の解き放ち/Release the Ants激突で公開するのに利用する。→ドラコ爆発など
マスティコア/Masticoreの維持、ルーターなどと併用し手札補充、適者生存/Survival of the Fittestを回すためなど、様々な用途で使用される。
Charbelcherなどでマナ基盤として利用するために手札から追放される。
マナがかからないサイクリング能力を持つため、デッキ圧縮または墓地肥やしに使われる。
起動型能力によって手札から捨てられ、墓地対策に利用される。
発掘能力と共鳴者等を併用して何度も墓地と手札を往復する。→フリゴリッド
上記の発掘能力持ちを墓地に置くため、これを墓地に置き起動型能力を起動するために使われる。
ゲーム開始時の妨害能力のためだけにデッキに投入される。

[編集] 戦場には出るものの、コンボパーツとしてのみ使われる主なクリーチャー

世界喰らいのドラゴン/Worldgorger Dragon
墓地へ直接置かれた後、戦場と墓地を無限に往復する。→ワールドゴージャー

[編集] 参考

QR Code.gif