プレイ・デザイン・チーム

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

プレイ・デザイン・チーム/Play Design Teamは、マジック:ザ・ギャザリング開発部の1部門。

目次

[編集] 概要

カード・セットごとに組織されるデザイン・チームデベロップ・チームとは別に、スタンダードとそのリミテッドのプレイ環境に集中し、全ての工程でトーナメントを意識して判断できるようにするためのチーム。

2017年4月に新たに発足され、その時点から開発中の各セットに関わっているが、新体制の影響が出る(このチームが開発の最初から関わる)セットはドミナリアからとなる。また、チームが完全に機能するようになったのはコードネーム「Milk」(2019年春)から、展望デザインにも意見を出すようになったのがコードネーム「Archery」(2019年秋)からであるという。[1]

[編集] メンバー

新規発足時のメンバー。

[編集] 脚注

  1. 多様性のあるスタンダードのメタゲームをデザインする(Play Design 2017年12月8日)
  2. 変身2.0(Making Magic 2016年6月12日)

[編集] 参考

QR Code.gif