Return to Ravnica: The Secretist, Part One

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Return to Ravnica: The Secretist, Part One

著者

Doug Beyer

出版
価格


Return to Ravnica: The Secretist, Part Oneラヴニカへの回帰サイクル1作目の小説。電子書籍のみで販売される。

著:Doug Beyer、表紙画:Jaime Jones2012年11月27日発売)

[編集] あらすじ

ジェイス・ベレレンはラヴニカ/Ravnicaで多元世界とは無縁の個人的な研究に勤しんでいた。だがその研究がイゼット団の求める謎と重なったとき、ジェイスは否応無くギルドの覇権を巡る争いに巻き込まれていく。

[編集] 主な登場人物

ラヴニカ在住の精神魔道士。プレインズウォーカー/Planeswalker。第10地区/the Tenth Districtに居を構え、偶然見つけた魔法の暗号についての研究の日々を送っていたが…。
  • カヴィン(Kavin)
ジェイスの共同研究者。論理的で地に足の着いた男だが、ヴィダルケンにしては少々短気。
イゼット団/The Izzet League
イゼット団のギルドマスターであるドラゴン。ラル・ザレックにラヴニカを揺るがす力が眠るという「暗黙の迷路/The Implicit Maze」の発見を命じる。
ギルド魔道士にしてプレインズウォーカーの人間男性。ニヴ=ミゼットの命により、助手のゴブリンや同僚たちを率いてラヴニカに隠された謎を追う。
  • スクリーグ(Skreeg)
ラル・ザレックお付きのゴブリン
セレズニア議事会/The Selesnya Conclave
セレズニアのギルドマスターであるドライアド。イゼット団の跳梁に危機感を募らせている。
ジェイスの以前からの友人で癒し手のエルフ女性。セレズニアに再び所属することになり、トロスターニのお気に入りの高官となっている。
ディミーア家/House Dimir
ディミーアの工作員である吸血鬼男性。主の命を受けジェイスとイマーラを付け狙う。
アゾリウス評議会/The Azorius Senate
アゾリウスのギルドマスターであるスフィンクス、女性。
第10地区の拘引者、女性。ジェイスが関わる事件を調査する。
ラクドス教団/The Cult of Rakdos
ラクドス寵愛の血魔女。何者かの依頼でイマーラを誘拐する。
ゴルガリ団/The Golgari Swarm
ゴルガリの「」を守護するトロール
グルール一族/The Gruul Clans
双頭のオーガ。ジェイスに雇われ彼の研究の破棄に利用される。

[編集] 参考

QR Code.gif