稲妻曲げ/Bolt Bend

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Bolt Bend / 稲妻曲げ (3)(赤)
インスタント

あなたがパワーが4以上のクリーチャーをコントロールしているなら、この呪文を唱えるためのコストは(3)少なくなる。
単一の対象を持つ、呪文1つか能力1つを対象とし、それの対象を変更する。


分流/Shuntの亜種である、対象変更呪文。分流と異なり、呪文だけでなく能力の対象も変更でき、獰猛のような条件でマナ・コストが軽減される。

通常でも1マナ重い分能力の対象も捻じ曲げられる分流として使えるが、パワー4以上の自クリーチャーフィニッシャー除去から守る用途としては赤マナ1点のみで使えるという点が強み。

分流およびその亜種と同様に、単一の対象を持つ呪文しか対象に取れないことには注意。対象を取らないか、複数の対象を取る呪文や能力には無力であり、多人数戦以外では「対戦相手を指定する」呪文や能力も同様となる。

対戦相手の行動に対して受動的なカードであり、有効なカードが使用されない場合は無駄になってしまうが、対象変更が有効に決まれば低コストで大きなアドバンテージを生み出すカードと言える。

  • マナ・コストが(3)(赤)だが条件付きで(赤)に減る対象の変更呪文としては、過去にも跳ね返りの罠/Ricochet Trapが存在する。ただしこちらは呪文の対象のみ変更できる。

[編集] 参考

QR Code.gif