Gatecrash: The Secretist, Part Two

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Gatecrash: The Secretist, Part Two

著者

Doug Beyer

出版

Wizards of the Coast

価格


Gatecrash: The Secretist, Part Twoラヴニカへの回帰サイクル2作目の小説。電子書籍のみで販売される。

著:Doug Beyer、表紙画:David Rapoza2013年2月26日発売)

[編集] あらすじ

様々な因縁によって多くのギルドに追われながらも、ジェイス・ベレレンは旧友イマーラを守るためにラヴニカ/Ravnica次元に留まり、自ら消去してしまった記憶を取り戻そうと奮闘する。一方、ラル・ザレックはニヴ=ミゼットの命によってジェイスを追う。

[編集] 主な登場人物

ラヴニカ在住の精神魔道士。プレインズウォーカー/Planeswalker。友人たちを危険から遠ざけるために、イゼット団が探し求める謎に関する研究の記憶を自ら消してしまっているが、今はそれが仇となっている。
  • カヴィン/Kavin
ジェイスの共同研究者のヴィダルケン男性。研究に関する記憶を消去されて以降、ジェイスの元から姿を消していたが…?
イゼット団/The Izzet League
イゼット団のギルドマスターであるドラゴン。「暗黙の迷路/The Implicit Maze」について何かしらの思惑がある様子。
ギルド魔道士にしてプレインズウォーカーの人間男性。助手たちとともに暗黙の迷路を調査していたが、ジェイスを探しだす任務をニヴ=ミゼットから与えられる。
  • スクリーグ(Skreeg)
ラル・ザレックお付きのゴブリン
ディミーア家/House Dimir
ディミーアのギルドマスターであるシェイプシフター。ギルド間の対立を煽り、暗躍する。
ディミーアの上級工作員である吸血鬼男性。イマーラとジェイスを襲う。
セレズニア議事会/The Selesnya Conclave
セレズニアのギルドマスターであるドライアド。ギルド間の抗争を危惧している。
ジェイスの友人で癒し手のエルフ女性。トロスターニお気に入りの高官であることから、ディミーア家に狙われている。
  • カロミア(Calomir)
セレズニアの警備隊長であり、イマーラと親しいエルフ男性。トロスターニとイマーラからは絶大な信頼を得ているが、ジェイスには不自然なまでに挑発的な態度で接する。
ラクドス教団/The Cult of Rakdos
教団のパルン/Parunにしてギルドマスターであるデーモン、男性。ジェイスの死を捧げることを誓うイクサヴァに示唆を与える。
ラクドス寵愛の血魔女。ジェイスに敗れたことにより、彼を自らの手で苦痛を与えて殺すことに執念を燃やす。
グルール一族/The Gruul Clans
双頭のオーガで右頭がルーリク/Ruricで左頭がサー/Thar、男性。ゴーア族/Ghor clanの指導者。
アゾリウス評議会/The Azorius Senate
新プラーフ/New Prahvの警備隊員、女性。第10地区の拘引者だったが、ジェイスを取り逃がして左遷同然の異動をされたことも相俟って彼の逮捕に執念を燃やしている。

[編集] 参考

QR Code.gif