予言の稲妻/Prophetic Bolt

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Prophetic Bolt / 予言の稲妻 (3)(青)(赤)
インスタント

クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。予言の稲妻は、それに4点のダメージを与える。あなたのライブラリーのカードを上から4枚見る。それらのカードの中から1枚を選び、それをあなたの手札に加える。残りをあなたのライブラリーの一番下に望む順番で置く。


アポカリプスの露骨に強い対抗色多色呪文の1つ。ドロー火力を組み合わせたシンプルなデザインで、効果で言えばちょうど電撃破/Lightning Blast衝動/Impulse。火力とドローの抱き合わせは他よりも割高になるのが常なので、単純計算で(3)()+(1)()=(4)(青)(赤)、もしくはそれよりも重くなっていてもおかしくないのだが、何故か逆に1マナ軽くなっており、異常にコスト・パフォーマンスが良い。

除去として使えば、タフネス4までを焼き払いつつ1枚ドローできるので、カード・アドバンテージがほぼ確定。また本体火力として使った場合も、さらに次の火力を手札に補充して追撃できるため、見た目以上の威力となる。

単なるキャントリップではなく4枚のカードから最適なものから選択できるため、高確率で必要なカードを持ってくることができる。特に、予言の稲妻を連鎖的に引くことで、次々と連打する動きが強力。実際、5マナが楽々出せる状態において、衝動/Impulse効果で参照する4枚の中では、もう1回ライブラリーを4枚掘れる上にオマケで火力が撃てる予言の稲妻が一番の有効カードであるケースが多いため、このようなプレイングになることは少なくない。

スタンダードでは5マナはやや重いとされる環境であったが、トリコロールあたりでは普通に4枚使われていた。またインベイジョン・ブロック構築ではBBBカウンターバーントレンチなどに採用される人気カードである。リミテッドではレアなので連打こそまずできないものの、それを差し引いても一級品。

[編集] 参考

QR Code.gif