ゴブリンの闇住まい/Goblin Dark-Dwellers

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Goblin Dark-Dwellers / ゴブリンの闇住まい (3)(赤)(赤)
クリーチャー — ゴブリン(Goblin)

威迫
ゴブリンの闇住まいが戦場に出たとき、あなたの墓地から点数で見たマナ・コストが3以下の、インスタント・カード1枚かソーサリー・カード1枚を対象とする。あなたはそれをそのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。このターンにそのカードがあなたの墓地に置かれるなら、代わりにそれを追放する。

4/4

威迫と、CIP墓地インスタントソーサリーマナ・コストを支払うことなく唱えることができる能力を持ったゴブリン。ただし、対象は3マナ以下の呪文限定。

墓地の呪文を再び唱えることができるクリーチャーとしては瞬唱の魔道士/Snapcaster Mageが有名だが、扱いはそちらと大きく異なる。基本的にソーサリー・タイミングの動きになるため瞬唱の魔道士ほどの奇襲性や対応力は持たず、唱えられる呪文にも制限がある一方、対象とした呪文のマナ・コスト支払う必要がない点と素のスペックの高さは大きな利点である。瞬唱の魔道士でも3マナの呪文をフラッシュバックで唱えれば計5マナかかってしまうことを考えると、4/4威迫という戦闘向けのクリーチャーが残るこのカードのコスト・パフォーマンスはかなりのもの。加えて、これ自体のマナ・コストを踏み倒して戦場に出したり明滅させたりして能力を再利用する際にも墓地の呪文のためにマナを支払う必要がなく、気兼ねなくそれらのギミックと併用できる点も嬉しい。

登場時のスタンダード環境においては、コラガンの命令/Kolaghan's Commandはじける破滅/Crackling Doomといった強力な多色呪文が多数存在しており、それらと併用するのが単純かつ強力だろう。

強力な呪文が増えるほどに有用性が増すため、モダンでもグリクシスコントロールジャンドなどで採用される。特に前者のデッキでは祖先の幻視/Ancestral Visionを即座に唱える事ができることも大きい。クリーチャーを横に展開されにくい環境であることと、自身の能力で除去を連打できることから、威迫が有効に働いてフィニッシャー格の活躍をさせやすい。

[編集] ルール

[編集] ストーリー

ゼンディカー/Zendikarの地下洞窟に住むゴブリン。暗闇の中で暮らしているため目は退化し消失しており、代わりに聴覚が発達している(イラスト)。

ジョリー・エン/Jori Enキオーラ/Kioraは失われた二叉槍/Bidentを探す途中、彼らの群れに遭遇した。

[編集] 参考

QR Code.gif