殺戮遊戯/Slaughter Games

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Slaughter Games / 殺戮遊戯 (2)(黒)(赤)
ソーサリー

殺戮遊戯は呪文や能力によっては打ち消されない。
対戦相手1人を対象とし、土地でないカード名を1つ選ぶ。そのプレイヤーの墓地と手札とライブラリーから、その名前のカードを望む枚数探し、それらを追放する。その後、そのプレイヤーは自分のライブラリーを切り直す。


打ち消されなくなった記憶殺し/Memoricide

打ち消されないうえ、対戦相手しか対象に取れないため対象の変更による妨害にも強く、「コンボデッキ殺し」としての確実性は極めて高い。多色化したことで採用できるデッキは限定されたが、点数で見たマナ・コストは変わっていないため、使い勝手はほとんど変わらないまま強化されたと言ってよいだろう。

特定のキーカードに頼る構成のコンボデッキに極めて強いほか、除去打ち消しでは対処しづらいカードに対しても強い。コンボデッキが多いモダン以下の環境ではもちろん、スタンダードにおいても、サイクルの仲間である打ち消されないカード、フラッシュバックを持つカード、スラーグ牙/Thragtusk栄光の目覚めの天使/Angel of Glory's Riseなどの除去では手遅れになるアドバンテージ・カードなどなど、仮想敵となるカードは数多く存在するため、黒赤を含むデッキのサイドボードに頻繁に使用されている。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ラヴニカへの回帰打ち消されないカードサイクル。いずれも2レア

[編集] 参考

QR Code.gif