続唱 (デッキ)

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

続唱(Cascade)は、アラーラ再誕参入後に登場した続唱を活かしたデッキの総称。

目次

[編集] 概要


Bloodbraid Elf / 血編み髪のエルフ (2)(赤)(緑)
クリーチャー — エルフ(Elf) 狂戦士(Berserker)

速攻
続唱(あなたがこの呪文を唱えたとき、あなたのライブラリーの一番上のカードを、コストがより低い土地でないカードが追放されるまで追放する。あなたはそれをそのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。追放されたカードを一番下に無作為の順番で置く。)

3/2


Bituminous Blast / 瀝青破 (3)(黒)(赤)
インスタント

続唱(あなたがこの呪文を唱えたとき、あなたのライブラリーの一番上のカードを、コストがより低い土地でないカードが追放されるまで追放する。あなたはそれをそのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。追放されたカードを一番下に無作為の順番で置く。)
クリーチャー1体を対象とする。瀝青破はそれに4点のダメージを与える。


続唱によるサーチを活かしたコンボデッキから、血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf瀝青破/Bituminous Blastなどのアドバンテージを軸に優秀なクリーチャー呪文を用いたビート・コントロールおよびコントロールデッキまで、幅広いバリエーションが存在する。

[編集] アラーラの断片ブロック+ゼンディカー・ブロック期

続唱ギミックを搭載したジャンドコントロールメタの中心として活躍している。


Terminate / 終止 (黒)(赤)
インスタント

クリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。それは再生できない。


[編集] アラーラの断片ブロック構築

アラーラの断片ブロック構築でも続唱を中心としたデッキが存在する。

特に血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elfカードパワーは高く、メタの中心にあるといってよい。ビートダウンからコントロールまで幅広く続唱のギミックが取り入れられている。

コントロールのものは、主に黒赤緑5色のどちらかで組まれることが多い。続唱カードからクリーチャー除去手札破壊などにつないでアドバンテージを稼ぎ、フィニッシャーで沈める。5の場合、エンドカード残酷な根本原理/Cruel Ultimatumが採用される場合が多い。


Cruel Ultimatum / 残酷な根本原理 (青)(青)(黒)(黒)(黒)(赤)(赤)
ソーサリー

対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーはクリーチャーを1体生け贄に捧げ、カードを3枚捨て、その後5点のライフを失う。あなたはあなたの墓地にあるクリーチャー・カードを1枚あなたの手札に戻し、カードを3枚引き、その後5点のライフを得る。


それぞれ詳細はジャンドコントロール5色残酷コントロールを参照のこと。

ビートダウンの場合はジャンドアグロナヤビートダウンに組み込まれることが多い。こちらは続唱カードから小型クリーチャー火力につないでゆく。

[編集] ローウィン=シャドウムーア・ブロック+アラーラの断片ブロック期

アラーラの再誕参入後に最初に活躍したデッキは、続唱カードサーチからスワンアサルトコンボを決める、続唱スワンと呼ばれるデッキだった。


Swans of Bryn Argoll / ブリン・アーゴルの白鳥 (2)(白/青)(白/青)
クリーチャー — 鳥(Bird) スピリット(Spirit)

飛行
発生源1つがブリン・アーゴルの白鳥にダメージを与える場合、そのダメージを軽減する。その発生源のコントローラーは、この方法で軽減されたダメージに等しい枚数のカードを引く。

4/3


Seismic Assault / 突撃の地鳴り (赤)(赤)(赤)
エンチャント

土地カードを1枚捨てる:クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。突撃の地鳴りはそれに2点のダメージを与える。


その後、他のデッキにも続唱のギミックを組み込んだものが現れてきた。主に5色ジャンドカラーで組まれることが多い。

ジャンドカラーのものは血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elfからクリーチャー火力につないでゆく。ジャンドアグロのページも参照のこと。


Putrid Leech / 朽ちゆくヒル (黒)(緑)
クリーチャー — ゾンビ(Zombie) ヒル(Leech)

2点のライフを支払う:朽ちゆくヒルはターン終了時まで+2/+2の修整を受ける。この能力は、各ターンに1回しか起動できない。

2/2

5色で組む場合はクイックントースト5色残酷コントロール)のバリエーションとして組まれる。このタイプは俗に続唱トーストとも呼ばれる。


Reflecting Pool / 反射池
土地

(T):あなたのマナ・プールに、あなたがコントロールする土地が生み出すことのできるいずれかのタイプのマナ1点を加える。


[編集] サンプルレシピ

メインデッキ (60)
クリーチャー (19)
4 血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf
4 ボガートの突撃隊/Boggart Ram-Gang
4 呪詛術士/Anathemancer
4 朽ちゆくヒル/Putrid Leech
3 川の殺し屋、シグ/Sygg, River Cutthroat
呪文 (15)
3 瀝青破/Bituminous Blast
4 謎めいた命令/Cryptic Command
4 大渦の脈動/Maelstrom Pulse
1 残酷な根本原理/Cruel Ultimatum
2 火山の流弾/Volcanic Fallout
1 ジャンドの魔除け/Jund Charm
土地 (26)
2 滝の断崖/Cascade Bluffs
3 黄昏のぬかるみ/Twilight Mire
1 森/Forest
1 偶像の石塚/Graven Cairns
1 山/Mountain
4 反射池/Reflecting Pool
2 溢れかえる果樹園/Flooded Grove
1 沼/Swamp
4 鮮烈な林/Vivid Grove
3 鮮烈な岩山/Vivid Crag
4 鮮烈な湿地/Vivid Marsh
サイドボード
2 若き群れのドラゴン/Broodmate Dragon
4 台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks
3 流刑への道/Path to Exile
2 ビヒモスの大鎚/Behemoth Sledge
2 火山の流弾/Volcanic Fallout
2 思考の大出血/Thought Hemorrhage

[編集] エクステンデッド

エクステンデッドでは、主にコンボデッキで使用されている。

超起源/Hypergenesisを利用した超起源死せる生/Living Endを活用した死せる生などがその代表例であり、続唱カード1枚を通せばコンボをスタートできるのが利点となっている。


Hypergenesis / 超起源
〔緑〕 ソーサリー

待機3 ― (1)(緑)(緑)(このカードをあなたの手札から唱えるのではなく、(1)(緑)(緑)を支払うとともにそれを時間(time)カウンターが3個置かれた状態で追放する。あなたのアップキープの開始時に、時間カウンターを1個取り除く。最後の1個を取り除いたとき、それをそのマナ・コストを支払うことなく唱える。)
あなたから始めて、各プレイヤーはアーティファクト・カードかクリーチャー・カードかエンチャント・カードか土地・カードを自分の手札から戦場に出してもよい。この手順を、誰もカードを戦場に出さなくなるまで繰り返す。



Living End / 死せる生
〔黒〕 ソーサリー

待機3 ― (2)(黒)(黒)(このカードをあなたの手札から唱えるのではなく、(2)(黒)(黒)を支払うとともにそれを時間(time)カウンターが3個置かれた状態で追放する。あなたのアップキープの開始時に、時間カウンターを1個取り除く。最後の1個を取り除いたとき、それをそのマナ・コストを支払うことなく唱える。)
各プレイヤーは自分の墓地にあるすべてのクリーチャー・カードを追放する。その後自分がコントロールするすべてのクリーチャーを生け贄に捧げる。その後自分がこれにより追放したすべてのカードを戦場に出す。


[編集] レガシー

レガシーでは、断片無き工作員/Shardless Agentを利用したビート・コントロールが存在する。緑青+1の3色が一般的であり、中でも緑青黒BUG CascadeBUG カスケードBUG 続唱)が主流。


Shardless Agent / 断片無き工作員 (1)(緑)(青)
アーティファクト クリーチャー — 人間(Human) ならず者(Rogue)

続唱(あなたがこの呪文を唱えたとき、あなたのライブラリーの一番上のカードを、コストがより低い土地でないカードが追放されるまで追放する。あなたはそれをそのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。追放されたカードを一番下に無作為の順番で置く。)

2/2


Ancestral Vision / 祖先の幻視
〔青〕 ソーサリー

待機4 ― (青)(このカードをあなたの手札から唱えるのではなく、(青)を支払うとともにそれを時間(time)カウンターが4個置かれた状態で追放する。あなたのアップキープの開始時に、時間カウンターを1個取り除く。最後の1個を取り除いたとき、それをそのマナ・コストを支払うことなく唱える。)
プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーはカードを3枚引く。


同じ色構成Team Americaテンポ・アドバンテージを重視するのに対し、こちらはカード・アドバンテージを意識した構成になっている。続唱からはHymn to Tourach瞬唱の魔道士/Snapcaster Mageなどに繋げ、更なるアドバンテージを稼ぐ。中でも祖先の幻視/Ancestral Visionに繋がったときのアドバンテージは強力。

渦まく知識/Brainstorm師範の占い独楽/Sensei's Divining Top精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptorの採用も一般的。これらは断片無き工作員に限らず、多用されるフェッチランドともシナジーを持つ。

続唱との相性の悪さから、同環境クロック・パーミッションでは一般的な目くらまし/Dazeは採用されない。似たような理由で思考囲い/Thoughtseizeもあまり使われない。こうした事情から、Force of Willは採用されるものの、メインデッキではコンボデッキとの相性があまりよくない。

[編集] サンプルレシピ

BUG Cascade [1]
土地 (22)
2 Bayou
2 忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit
4 霧深い雨林/Misty Rainforest
3 汚染された三角州/Polluted Delta
2 Tropical Island
3 Underground Sea
4 新緑の地下墓地/Verdant Catacombs
2 不毛の大地/Wasteland
クリーチャー (14)
2 悪意の大梟/Baleful Strix
4 死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman
4 断片無き工作員/Shardless Agent
4 タルモゴイフ/Tarmogoyf
呪文 (24)
4 突然の衰微/Abrupt Decay
4 祖先の幻視/Ancestral Vision
4 渦まく知識/Brainstorm
2 Force of Will
3 Hymn to Tourach
1 大渦の脈動/Maelstrom Pulse
3 思考囲い/Thoughtseize
3 精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor
サイドボード (15)
1 仕組まれた疫病/Engineered Plague
1 罠の橋/Ensnaring Bridge
2 Force of Will
1 Hymn to Tourach
2 ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil
2 大渦の脈動/Maelstrom Pulse
2 虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb
1 真髄の針/Pithing Needle
2 誘惑蒔き/Sower of Temptation
1 思考囲い/Thoughtseize


[編集] 参考

QR Code.gif