血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Bloodbraid Elf / 血編み髪のエルフ (2)(赤)(緑)
クリーチャー — エルフ(Elf) 狂戦士(Berserker)

速攻
続唱(あなたがこの呪文を唱えたとき、あなたのライブラリーの一番上のカードを、コストがより低い土地でないカードが追放されるまで追放する。あなたはそれをそのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。追放されたカードをあなたのライブラリーの一番下に無作為の順番で置く。)

3/2

続唱付きのヴァルショクの狂戦士/Vulshok Berserker

コストが割高なものが多い続唱カードの中で、4マナ3/2・速攻持ちとコスト・パフォーマンスが群を抜いて高い。特に、同じく4マナアンコモンカターリの残影/Kathari Remnantとの差は歴然としている。マナ加速が得意なを含んでいることも強みで、3ターン目から一気に攻勢をかけることも珍しくない。

加えて赤緑を含むジャンド/Jundナヤ/Nayaには、火力除去パンプアップクリーチャーなど、使用場面を選ばないカードが多いことも強力さに拍車をかけている。このカードと周辺メタゲームを意識してデッキを組めば、続唱を無駄にすることなく確実にアドバンテージを得られる。

テンポアドバンテージの両面に優れたパワーカードであり、赤緑を含むデッキならばビートダウンコントロールを問わず幅広く採用される。アラーラの断片ブロック構築スタンダード、さらにはエクステンデッドモダンでもジャンドを支え、メタの中心たらしめている。

2013年2月1日より、ジャンドがメタゲームの中心に存在し続けていることを受けて、ジャンドで常に4枚採用され続ける(かつ他の上位デッキで採用されることの少ない)カードであるとして、モダン禁止カードに指定された(参考/翻訳)。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

アラーラ再誕アンコモン続唱持ちカードサイクル

[編集] 開発秘話

このカードの当初のコンセプトは、故郷のナヤ/Nayaから遠く離れたジャンド/Jundに迷い込んだエルフの少女。ただ、あまりにシンプルで、既にコンフラックスで扱った分野であり、アラーラ再誕にそぐうものではなかった。頭を抱えていたDoug Beyerはジャンドを訪れエルフ少女Eleni(エレニ)に出会った夢を見たことから、このカードはエルフの迷い子から、髪を編み込んだ強く有能なエルフ戦士へとイメージが固められたという。(→A Different Kind of Origin Story参照)

[編集] ストーリー

別の断片同士が協力し、共通の敵に対抗するため団結する者たち、加入者(The Joiners)に分類されるカードの1つ。

血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elfは、ジャンド/Jundの戦士氏族(warrior-clans)に加わることを選択したナヤ/Naya出身のシーリアのエルフ/Cylian Elfで、ジャンド人のように髪を編み込んでいる(イラスト)。(→Choices in the New AlaraReality Check参照)

掌編The Day a Vedalken Explodedでは、Keimon(ケイモン)が唱えた天候呪文は大渦/Maelstromの影響で暴走し、謎のスフィンクス/Enigma Sphinx徴兵されたワーム/Enlisted Wurmを出現させた後に、このエルフを呼び出した。そして暴走した呪文は終止/Terminateとなってケイモンの命を奪う。

[編集] 参考

QR Code.gif