無頼の徒/Outlaw:Champions of Kamigawa

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
'
著者
出版

ホビージャパン

価格


'
著者

Scott McGough

出版
価格

¥ 975

日本風の世界観が採用された神河物語により親しんでもらうため、WotCホビージャパンが重い腰を上げてくれました。背景ストーリーの理解には小説の翻訳が一番。 マジック・ファン待望の背景小説、ついに邦訳発売。 作者のスコット・マクゴフ氏はこのシリーズの以前に、ジャムーラ/Jamuraa南東部を舞台にTetsuo Umezawaレジェンドのキャラクターたちが多数登場する小説三部作(レジェンドサイクル2)を書いており、高い評価を受けています。 日本語訳は(二三のチェック漏れと思しきところを除いて)外来語を極力排した訳で、日本風の世界を表現しています。神河物語の背景ストーリーを知りたければ本書は必読です。フレイバー・テキストからだけでは分からないキャラクターの性格に触れられる点も背景小説の読み所と言えるでしょう。

目次

[編集] あらすじ

霊界との戦いが始まった。

神秘と信仰の世界で、戦が起ころうとしている。 神々は人間を攻撃し始め、見えない陰に恐怖が潜んでいる。

今田大名の娘、魅知子は危険を冒して父の要塞を出なければならない。

霊界と強いつながりを持つ、高徳の僧と大蛇人に助言を仰ぐために。

しかし、盗賊であり、黒魔法の使い手でもある梅澤と出会ったとき、

魅知子は悟る。

国中にまさに拡大しつつある乱を止めるには、

敵と手を組まねばならないのかもしれないと、


・・・・・・そして、もっとも危険な敵は、魅知子の友かもしれないと。

(日本語版裏表紙より)


注意:作品の内容に関する記述が以下には含まれています。

[編集] 主な登場人物

[編集] 今田 魅知子

  • (こんだ みちこ)
    • 本編の主人公。眉目秀麗、華奢で優雅なお姫様の代名詞。さまざまな出会いを経て、神の乱の真実に迫っていく。
    • 「わたくしは今田の姫、魅知子」「大名の娘、永遠原の王位継承者。しかし、わたくしはこの者と同盟を結びました。この命を懸けて、求める答えのために、当分の間わたくしは彼の氷山の無頼の徒の助けを借ります」

[編集] 青雨 浬子

  • (Riko Oume)
    • 水面院の優等生で魅知子姫の親友。魔術も弓の腕も優秀。

[編集] 長流

  • 水面院の優等生で魅知子姫の親友。魔術の知識に長けているがプライドが高いのが欠点

[編集] 真珠耳の君

  • (Lady Pearl-Ear)
    • 魅知子の乳母であり先生でもある狐人。行動的な姫には振り回され気味。
    • 「あなたはとんでもない過ちを犯そうとしています」「でも、私はあなたが命を落とさぬよう力を尽くしましょう」

[編集] 早耳

  • (Sharp-Ear)
    • 真珠耳の君の弟。流鏑馬の達人だがいい加減な性格。
    • 「僕たち狐人は長生きしますが、長老は超長生きです(We kitsune live long, but the elder has lived loo-ooong.)」

[編集] 暁之尾、剣之尾、霜之尾

  • (Dawn-Tail, Blade-Tail, Frost-Tail)
    • 狐人の武士の兄弟。

[編集] 梅澤 俊郎

  • (Toshiro Umezawa)
    • 本編、そして神河サイクルを通じてのもう一人の主人公。マジックのストーリーでは初の「黒単」主人公でもある。
    • 落武者ながら漢字魔術も使う切れ者。物語を大きく動かす重要人物。
    • 「目覚めよ、俺のかわいい子たち」「お遊びの時間だぜ」

[編集] 碑出告

  • (Hidetsugu)
    • 大峨のシャーマン。俊郎と氷山の仇討ち人の契りを結んでいる。
    • 「ひとぉつ。 ワシを'お師匠様'と呼ぶこと」

[編集] 鈷坊

  • (Kobou)
    • 碑出告の弟子。元は樹海の僧兵。氷山の仇討ち人のひとりとなる

[編集] その他

  • 骨齧り/Marrow-Gnawer
    • 沼居にいる鼠人の頭領。頭がキレる。
    • 「失せろ、愚か者の俊郎!俺達みんなを殺す気か?」
  • 激憤明神
    • 霜剣山の山賊と悪忌が崇拝する炎と怒りの神。
    • 「我はあらゆる聡明な生き物と同じ目標を目指しておる。神の乱の終焉じゃ。」
  • 生網明神
    • 樹海に住む神主やモンク、大蛇人が崇める森の神。
    • 「我は生命の源そのもの。束縛されぬ成長と抑制されぬ生命力そのもの。我に傷を与う武器を何処よりもたらさんか」
  • 夜陰明神
    • 竹沼に住むゴロツキや浪人、鼠人らが信仰する闇の力の顕現。
    • 「願いを、叶えた。」

[編集] 備考

  • 邦訳が入手可能なうちは詳しい内容は記載しません。ぜひとも実際の本を手に取ってください。
  • ホビージャパンから発売中の日本語版は雑誌扱いとなっているため、再版されない可能性があります。
  • 浄火明神/Myojin of Cleansing Fireが「浄化明神」となっています。訳者への説明漏れ、あるいは校正漏れか。

英名では「火」である事は明らかなので、訳者に渡す資料のほうがタイプミスされて、訳者もそちらに引きずられてしまったのかもしれません。

  • 梅澤俊郎も「敏郎」となっているが、正しい漢字は神河物語のプレビューの時点で発表になっており校正ミスと思われます。

[編集] 参考

QR Code.gif