提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

マジック:ザ・ギャザリングゲームでは、/Numberに関するいくつかのルールがある。

目次

[編集] 解説

銀枠を除き、数は整数しか用いない。

[編集] 分数や小数

分数や小数を選んだり、分数や小数分のダメージを与えたりすることはできない。

一部のカード能力には数を半分/halfにしたり3分の1/a thirdにしたりするものがあるが、そういった場合には切り上げ/rounded up「切り上げ」でテキスト検索)か切り捨て/rounded down「切り捨て」でテキスト検索)かが明記されている(無慈悲なる天使、アンヤ/Anya, Merciless Angelのような例外もある)。

[編集] 負の数

負の数を0として扱う場合が存在する。計算や比較を行う場合には、そのまま負の値を用いる。

効果の結果を定める計算の結果が負の数になった場合、その効果が以下のいずれにも該当しないならば、0として扱う。

  1. プレイヤーライフ総量倍にするか、特定の値にする効果。
  2. クリーチャーのパワータフネスを倍にする修整種類別第7c種)か、特定の値にする効果(第7b種)。

[編集] 望む数と上限

ライブラリーのカードの枚数、戦場パーマネントの数、クリーチャーパワータフネスの大きさ、ライフや与えるダメージの点数といった数値には上限はない。

望む数/any numberを指定することが求められた場合、通常は0以上の任意の整数を指定できる。ただし、その「望む数」のプレイヤーやクリーチャーに、ダメージやカウンターが分配されたり割り振られたりする場合は、0を指定できない。

[編集] その他

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

QR Code.gif