崇高な工匠、サヒーリ/Saheeli, Sublime Artificer

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Saheeli, Sublime Artificer / 崇高な工匠、サヒーリ (1)(青/赤)(青/赤)
伝説のプレインズウォーカー — サヒーリ(Saheeli)

あなたがクリーチャーでない呪文を唱えるたび、無色の1/1の霊気装置(Servo)アーティファクト・クリーチャー・トークンを1体生成する。
[-2]:あなたがコントロールしているアーティファクト1つと、あなたがコントロールしている他のアーティファクト1つかクリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、その前者はそれの他のタイプに加えてアーティファクトでもあることを除き、その後者のコピーになる。

5

青赤混成カードとして登場した3枚目のサヒーリ誘発型能力トークンを生成し、忠誠度能力アーティファクトを他のアーティファクトかクリーチャーのコピーにする。

誘発型能力
さながらクリーチャー以外全般に反応する若き紅蓮術士/Young Pyromancerスタンダードでは亜種のつぶやく神秘家/Murmuring Mysticと共存している。
この能力の優秀さは言わずもがなであり、若き紅蓮術士より1マナ重いが、プレインズウォーカーであり初期忠誠度も高いので簡単には落とされにくい。同様に場持ちの良さに定評があるつぶやく神秘家よりは1マナ軽いのは利点。
除去打ち消しでこのカードを守っていれば同時にボード・アドバンテージを稼げるので、戦場に居座っているだけで十分な影響力がある。
-2能力
コピーの土台が必要になったサヒーリ・ライ/Saheeli Raiの-2能力。
誘発型能力で生成したトークンがそのまま使えるためそこまで不自由はなく、もっぱらその使い方が基本となる。

サヒーリらしく、能力はいずれもアーティファクトに関連するものではあるが、クリーチャーをコピーするならデッキにアーティファクト要素は特に必要なく、むしろ誘発型能力を誘発させる手段やコピーするに値するクリーチャーの存在の方が重要となる。

登場後のスタンダードでは、クリーチャーでない呪文が豊富な上に弾けるドレイク/Crackling Drakeという絶好のコピー対象も有するイゼット・フェニックスで活躍している。

リミテッドではどうしてもクリーチャー率が高くなるので、コピー対象の心配はないにしても、誘発に適したカードの数で使い勝手が左右される。コンスタントにトークンを出せないと-2能力を使う準備も整いにくく、置物になってしまいやすい。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

灯争大戦混成プレインズウォーカーサイクル常在型能力誘発型能力と、マイナスの忠誠度能力を1つずつ持つ。いずれもアンコモン。2色の組み合わせそれぞれに1枚ずつ存在する。

[編集] 開発秘話

このカードは「アーティファクトをテーマとしないセットにいる、アーティファクトをテーマとするPW」であり、デザインは難航した。マイナス能力はまさにサヒーリらしいものであったが、灯争大戦におけるアーティファクトの開封比の低さを考えると、リミテッドで使うのは難しい。最終的に、このカード自身にアーティファクト・トークン生成する能力を持たせることで、この問題は解決された[1]

[編集] ストーリー

サヒーリ・ライ/Saheeli Raiラヴニカ/Ravnicaに呼び出されたプレインズウォーカー/Planeswalkerの一人。女性。

詳細はサヒーリ・ライ/Saheeli Rai (ストーリー)を参照。

[編集] 脚注

  1. Even More War Games/さらにさらなる大戦のゲームMaking Magic 2019年5月6日 Mark Rosewater著)

[編集] 参考

QR Code.gif