弾けるドレイク/Crackling Drake

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Crackling Drake / 弾けるドレイク (青)(青)(赤)(赤)
クリーチャー — ドレイク(Drake)

飛行
弾けるドレイクのパワーは、追放領域かあなたの墓地にあり、あなたがオーナーであり、インスタントかソーサリーであるカードの枚数に等しい。
弾けるドレイクが戦場に出たとき、カードを1枚引く。

*/4

特定領域インスタントソーサリーの枚数によってパワーが変動するドレイクキャントリップ付き。

基本的な性能は魔心のキマイラ/Spellheart Chimera奇怪なドレイク/Enigma Drakeと同じで、非パーマネント呪文の比率が高いデッキならばマナレシオを超越した攻撃力を出すフィニッシャーとなれる。墓地だけでなく追放領域にあるカードも数えるため、普通の墓地対策で弱体化することがなくなったのは大きな改善と言える。もちろんイゼット団/The Izzetキーワード能力である再活との相性も良好。

スタンダードでは、キャントリップ呪文を連打して奇怪なドレイクと6~8枚体制で殴り勝つイゼット・フェニックスの他、イゼット・コントロールジェスカイ・コントロールでも単独でフィニッシャーとして採用される。

モダンでは弧光のフェニックス/Arclight Phoenixと共に青赤スペルを強化した。信仰無き物あさり/Faithless Looting思考掃き/Thought Scourによって驚異的な速度で成長させられるだけでなく、優秀な除去が乱れ飛び墓地対策が標準的なモダン環境においては、稲妻/Lightning Boltが効かないタフネス4であり他の方法で即除去されてもキャントリップによりカードアドバンテージ損失が無いこと、追放型の墓地対策で弱体化しないことが前2種と違い採用に値する理由となった。

リミテッドではデッキに積み込めるインスタントとソーサリーの数に限りがあるためパワーは3になれば上等といったところだが、飛行のタフネス4はブロッカーとしても優秀で、アタッカーに育つまで戦線を支えることが可能。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ラヴニカのギルドラヴニカの献身アンコモンの2クリーチャーサイクルマナ・コストは2種類のマナ・シンボルを2個ずつ含む4マナ

ラヴニカのギルド
ラヴニカの献身

[編集] 参考

QR Code.gif