副陽の接近/Approach of the Second Sun

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Approach of the Second Sun / 副陽の接近 (6)(白)
ソーサリー

副陽の接近があなたの手札から唱えられ、かつ、あなたがこのゲームで《副陽の接近/Approach of the Second Sun》という名前の他の呪文を唱えていたなら、あなたはこのゲームに勝利する。そうでないなら、副陽の接近をオーナーのライブラリーの一番上から7枚目に置き、あなたは7点のライフを得る。


アモンケットで登場した勝利条件カード。1回目はただの効率の悪いライフ回復呪文だが、2回目は王神/God-Pharaohの帰還と勝利を約束してくれる。

実質的な条件はゲーム中に2回唱えるのみで打ち消し以外で妨害しにくいが、マナ・コスト重さと2回目の手札から唱えるという条件が悪用を難しくしている。マナ・コストの踏み倒しは禁止されていないが、登場時のスタンダードでの有力な踏み倒し手段である霊気池の驚異/Aetherworks Marvelでは勝利条件を満たさない。

如何に重さと2回目までのタイムラグを解消するかがこのカードを活用する条件となるが、スタンダードでは大量マナ大量ドローの2点を達成するコンボデッキ新たな視点エンドカードの地位を得た。また破滅の刻参入後は、青白コントロールのエンドカードも務めている。

単体で完結しておりリミテッドでも勝利を狙えるが、7マナを捻出してからさらに7ターン後まで耐え切るためのデッキ構成が必要となる。アーキタイプランプ戦略である緑青の隠し玉として採用する手もある。

[編集] ルール

  • 領域を移動したオブジェクトは以前の情報を失い新しいオブジェクトとして扱われる。ライブラリーに戻った副陽の接近をもう一度唱えても、「『副陽の接近』という名前の他の呪文を唱えていた」という条件は満たされる。
  • あなたのライブラリーが6枚未満の場合、副陽の接近はライブラリーの一番下に置かれる。あなたのライブラリーが7枚以上ならば、あなたはライブラリーの上のカードの表を見ずに6枚どけ、副陽の接近を置いて元に戻す。
  • 2回目は手札から唱えないとゲームの勝利にならないが、1回目は手札以外から唱えていても勝利条件を満たす。
  • 腹黒い意志/Insidious Willなどでスタック上の副陽の接近をコピーしても、それは唱えられていないので、1回目も2回目にも数えない。
  • 「唱えて」いれば、1回目が打ち消されたりスタックから追放されたりしていても、2回目の勝利条件を満たすことができる。
  • 試練に臨むギデオン/Gideon of the Trials紋章などであなたの勝利が不可能な場合に2回目に手札から唱えた副陽の接近が解決された場合、ライフを回復することもなくライブラリーにも戻らない。解決後、それは墓地に置かれる

[編集] 参考

QR Code.gif