ワールド・ルール

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ワールド・ルール/World Ruleは、「特殊タイプワールド」を持つパーマネント戦場に2つ以上ある場合、ワールドを持って戦場にいた期間が最も短いものを除き、全てが墓地に置かれる。期間の最も短いものが複数ある場合、それらを含め全てが墓地に置かれる」というルール。これは状況起因処理である。


Concordant Crossroads / 調和の中心 (緑)
ワールド・エンチャント

すべてのクリーチャーは速攻を持つ。


  • これは破壊ではないので、再生破壊不能では防げない。
  • レジェンド・ルールとは違い、名前が違うもの同士にも適用される。また、ワールド・パーマネントのコントローラーは問われない。プレイヤーが互いに1つずつワールド・パーマネントをコントロールしている場合、どちらかは墓地に置かれる。
  • 戦場に残るのは最後に出たものであり、(初代)レジェンド・ルールと逆の順序である。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

QR Code.gif