ドラフト点数表/ミラディン包囲戦

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
点数表の目安
10点 極めて強力で、見かけたらを変えてでも取るべき
(使うべき)カード。終盤での出現など、止むを得ない事情が
あっても見逃してはいけない、即座にカットすべきカード。
9点 極めて強力で、この1枚のためだけにでも
その色を散らすことを考慮すべきカード。
8点 強力なカードで、色が合っていればデッキに
入らないことはありえない。 だいたいこの辺のカードの
有無がメインカラーの決定基準になる。
7点 メインカラーの主戦力を成すレベルのカード。
(例:4マナ3/3に能力がある、3マナ2/2飛行など。)
6点 戦力として期待できるカード。
(例:4マナ3/3バニラ、3マナ2/2に有用な能力があるなど。)
5点 戦力として使えなくはないカード。デッキに入るボーダーライン。
(例:3マナ2/2バニラ、)
4点 まあ戦力になればラッキー、又は
サイドボードとしてなら使えるカード。
3点 明らかに弱いカード。よほどカードプール
貧弱ならば出番があるかもしれない。
2点 相手のデッキに入っていたら驚くカード。はっきり言って弱すぎる。
1点 いかなる状況においても、メインにもサイドボード後にも
入ることはありえない。これを入れるくらいなら
基本土地を入れた方がマシ

目次

[編集]

6点:調和者隊の聖騎士/Accorder Paladin - U
除去が回る、相手の展開が遅れるなどすれば勝負を決めるポテンシャルはある。
5点:献身的な補充兵/Ardent Recruit - C
サイズアップが展開の妨げにならないのはありがたい。
3点:消失の命令/Banishment Decree - C
コストが重く、タイムアドバンテージを活かせないと効果は薄い。
7点:窒息の噴煙/Choking Fumes - U
打点の減少にも寄与するのが大きく、膠着させると被害拡大。
8点:神への捧げ物/Divine Offering - C
2マナと軽いため使いやすい。ミラディンという環境柄、対象にも困らない。
4点:大あわての回収/Frantic Salvage - C
クリーチャー回収版より範囲が狭いわりにコストが上がり、コンボ以外では使い難い。
6点:流血の臣下/Gore Vassal - U
感染相手では再生が機能しないのが難点。除去としてはタフネス1に3マナは少々重い。
8点:刃砦の英雄/Hero of Bladehold - M
感染への対応が難題。回避能力の付与や装備品による強化で毎ターン殴りにいきたい。
5点:ケンバの軍勢/Kemba's Legion - U
コストが重く装備品も要するわりに効果が後ろ向き。このコスト帯は決定力になる物を確保したい。
8点:レオニンの遺物囲い/Leonin Relic-Warder - U
生物付きの強力な除去。直接戦闘を控えれば、除去が飛んでも避雷針になる。
7点:レオニンの空狩人/Leonin Skyhunter - C
色拘束をクリアすれば優良なクロック要員。
5点:ロクソドンの非正規兵/Loxodon Partisan - C
コモンに加え喊声持ちと、5マナ枠が欲しい時の数合わせにはなるか。
6点:主の呼び声/Master's Call - C
金属術とのシナジーが主な仕事。
8点:ミラディンの十字軍/Mirran Crusader - R
高打点と除去耐性を兼ね備えたエース。相手に赤がいる時は即出しより対策を確保してから出そう。
9点:ファイレクシアの再誕/Phyrexian Rebirth - R
ただのリセットと違いエンドカード兼用。闊歩するものの装具/Strider Harnessとの併用で速やかに終わる。
6点:ノーンの僧侶/Priests of Norn - C
サイズ負けしやすい感染の序盤を支える要。相手の場の総パワーが3以下なら嫌がらせもできる。
5点:枝モズ/Tine Shrike - C
白混じりで感染寄りのピックなら。
8.5点:勝利の伝令/Victory's Herald - R
相手が感染の場合を除けばノーガード戦法で勝利をもぎ取れる。使う際は平地多めで。
7~8点:白の太陽の頂点/White Sun's Zenith - R
喊声で爆発的に打点が上がる。ロクソドンの非正規兵/Loxodon Partisanでも入れる価値あり。

[編集]

6点:青の太陽の頂点/Blue Sun's Zenith - R
基本コストがあまりに重く、取り回しに欠ける。
9点:聖別されたスフィンクス/Consecrated Sphinx - M
継続的アドバンテージと打点を兼ね備えたフィニッシャー。
9点:堕落した良心/Corrupted Conscience - U
リミテッドの性質上、相手の主力を奪う意義は大きい。見かけたらカットするか、メインからエンチャント対策を投入。
8点:謎の原形質/Cryptoplasm - R
最低限のサイズで先出しできるため腐りにくい。
4点:遥かなる記憶/Distant Memories - R
相手に選択権があるカードは弱い。裏の手を仕込めるなら。
4点:目的のための燃料/Fuel for the Cause - C
冷静な反論/Stoic Rebuttal心理の障壁/Psychic Barrierと環境下にコモン打ち消しが多く、一段劣る感は否めない。
5点:ミラディン人のスパイ/Mirran Spy - C
感染に殴られると一気に崩れるため、低パワーのブロッカーは肩身が狭い。
3点:分裂の操作/Mitotic Manipulation - R
ドラフトでは土地くらいにしか機能しない。
4点:ニューロックの猛士/Neurok Commando - U
被覆に色拘束と難が多い。赤との混色で積極的に軽量除去を組み込めば使い出もあるか。
6点:眼魔/Oculus - C
感染には極力相討ちブロックをしたい環境柄、潰しが利くクリーチャーは有能。
7点:水銀の噴出/Quicksilver Geyser - C
終了ステップに使える分、テンポアドは得やすい。時間稼ぎにもブロッカー排除にも。
7点:血清掻き/Serum Raker - C
青の優秀なクロック要員。
4~7点:尖塔の海蛇/Spire Serpent - C
金属術を積極的に狙えるピックなら何枚あっても良い。
7点:鋼の妨害/Steel Sabotage - C
展開中の余りマナでも打ち消しに睨みを利かせられる。相手の主力がファクトではないこともあるため、抱えるよりは積極的に。
5点:宝物の魔道士/Treasure Mage - U
対応カードは23枚だが、レア以上に偏っている。主力になるアーティファクト・クリーチャーをピック済なら。
4点:形勢一変/Turn the Tide - C
相手を返り討ちにできる程度のクリーチャーは揃えてないと扱い難い。感染に刺さりやすいため相手次第でサイドイン。
9点:ヴィダルケンの解剖学者/Vedalken Anatomist - U
ティム+αとタッパーの役割を一枚で兼ねる凶悪カード。展開より能力にマナを回した方が安定することもしばしば。
4~6点:ヴィダルケンの注入者/Vedalken Infuser - U
屍気の香炉/Necrogen Censerなら毎ターン2点、転倒の磁石/Tumble Magnetならタッパー。使うなら最低限コモンのこれらとの併用。
7点:生体解剖/Vivisection - C
優良なドロー。主なエサは眼魔/Oculus危険なマイア/Perilous Myr生体武器

[編集]

9点:黒の太陽の頂点/Black Sun's Zenith - R
色拘束をクリアすれば対軽量にも間に合う上に再利用可能。黒緑でメリーラの守り手/Melira's Keepersを仕込めば一人勝ちできる。
4点:腐食の猟犬/Caustic Hound - C
デメリットになりかねないわりに有難味に欠けるマナレシオ。積極的には使いたくない。
4点:解剖妖魔/Flensermite - C
感染で固めるデッキなら。
9点:肉食いインプ/Flesh-Eater Imp - U
相手が感染持ちでなければ対クリーチャー戦でも強い。勝負を焦ってバウンスされると目も当てられないので手札や土地には注意。
8点:喉首狙い/Go for the Throat - U
的には困らない。銀皮の鎧/Silverskin Armorを装備されると対象外になるため、対応して差し込むこと。
4点:陰惨な再演/Gruesome Encore - U
安定性に欠ける。優良なクリーチャーを優先して入れたい。
3点:恐ろしき天啓/Horrifying Revelation - C
情報アドが得られない分、1マナハンデスとしても貧弱な部類。
8.5点:虐殺のワーム/Massacre Wurm - M
並べるのが基本となるリミテッドでは強烈に刺さる。出したターン中はタフネス3以上も縮むためフルアタックも容易。
6点:病的な略取/Morbid Plunder - C
ハンドアドに繋がるため小型を回収しても出し得。中盤以降でもフィニッシャーの保険として有効。
6点:入れ子のグール/Nested Ghoul - U
頭数を残せるため気兼ねなく使い潰しやすい。墓地から再利用できるとなお良し。
5点:ファイレクシア化/Phyresis - C
感染持ちで揃えられるとは限らない分、使い道はある。
8.5点:ファイレクシアの十字軍/Phyrexian Crusader - R
戦力が限られたドラフトにおいて、高い除去耐性と弱体化に裏打ちされた生存性は大いに頼れる。
7点:ファイレクシアの憤怒鬼/Phyrexian Rager - C
キャントリップ付きなら1ライフ程度は安いもの。出た後は相討ちブロックで死んでもらおう。
8点:ファイレクシアの槽母/Phyrexian Vatmother - R
相手が感染寄りでも、これに手を焼かせれば十分有効。チャンプブロックが苦手なため全体火力かトランプルは欲しい。
7点:吸血術士/Sangromancer - R
基礎スペックだけで当座の仕事はしてくれる。
6点:災いの召使い/Scourge Servant - C
タッチもしやすい中堅サイズの感染回避能力がつくと危険。
7点:敗血のネズミ/Septic Rats - U
感染に寄せている際の主力アタッカー。
8点:病気の拡散/Spread the Sickness - C
重くともコモンの確定除去というだけで十分。黒なら1枚はピックしておきたい。
6点:悪性の傷/Virulent Wound - C
感染型でも役立つ軽量除去。

[編集]

6点:火膨れ杖のシャーマン/Blisterstick Shaman - C
感染先制攻撃持ちの頭でっかちが目立つ環境のため、1点の意義は大きい。
7点:不純の焼き払い/Burn the Impure - C
基本的にはクリーチャー限定火力。
4~7点:震盪の稲妻/Concussive Bolt - C
金属術が無いと割高。発動できればエンドカード。
6点:圧壊/Crush - C
粉砕/Shatterを温存できるため、目に付いたら砕くだけでも意外と仕事してくれる。
4~7点:ガルヴァノス/Galvanoth - R
ファクトメインの環境下で呪文を意識した構築は運に左右される。動き出しが遅いわりに頼りにくいサイズなのも辛い。
6点:オオアゴザウルス/Gnathosaur - C
胆液の水源/Ichor Wellspringを食べるオマケにトランプルが付いてくる。
7点:ゴブリンの戦煽り/Goblin Wardriver - U
色拘束さえクリアできれば非常に優秀。タフネスを強化して攻めたい。
8点:ヘルカイトの点火者/Hellkite Igniter - R
このサイズの飛行速攻は存在感抜群。
9点:オキシド峠の英雄/Hero of Oxid Ridge - M
他のクリーチャーもブロックされなくなる。赤黒で相手をサイズダウンできるとさらに有効。
7点:核への投入/Into the Core - U
よっぽど相手のアーティファクトが薄くない限り、1:2交換できるのは当然のように強い。
5点:コスの急使/Koth's Courier - C
渡りがあるといっても相手は緑。打点で負けたら元も子もないため注意。
8点:カルドーサの炎魔/Kuldotha Flamefiend - U
割り振りのため、チャンプアタック後に場に出す戦法でもタフネス5以上を効率良く焼ける。
6点:カルドーサの首謀者/Kuldotha Ringleader - C
4/4クリーチャー付の全体パワー強化と思えば、使い所は選ぶが悪くない。
6点:金属の熟達/Metallic Mastery - U
サクり台との併用は基本。
6点:オーガの抵抗者/Ogre Resister - C
コモンとしては上出来な性能。
5点:軍団の結集/Rally the Forces - C
ヴィリジアンの爪/Viridian Clawが確保できなかった時にでも。喊声を集めてハマればそれなり。
9点:赤の太陽の頂点/Red Sun's Zenith - R
タッチしやすい点が大きい。重量級を焼いて膠着になれば、後は本体に撃ち込むのを待つだけ。
8.5点:金屑の嵐/Slagstorm - R
全体火力でありながら5マナ域も焼ける強除去。壁を置いて相手の展開を誘いたい。
5点:らせんの決闘者/Spiraling Duelist - U
喊声主の呼び声/Master's Callがある白赤とは比較的相性が良い。

[編集]

8点:荒廃後家蜘蛛/Blightwidow - C
互換のおかげでコモン4マナらしからぬ使い勝手に。倒されても感染で相手の打点を大きく殺げる。
6点:忍び寄る腐食/Creeping Corrosion - R
胆液の水源/Ichor Wellspringマイコシンスの水源/Mycosynth Wellspringとは相性が良い。
6点:ファングレンの匪賊/Fangren Marauder - C
どちらの墓地でも反応するが、出が遅く効果自体も勝利には直結しない。
4点:グリッサの急使/Glissa's Courier - C
緑としてはサイズが貧弱。相手が赤ならサイドインを検討する程度。
6点:緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith - R
これ自体がレア枠であり他色は対象外と、ドラフトでは力を発揮しにくい。
6点:暴走の先導/Lead the Stampede - U
掘れる量が多く、直接引けなくても一応その後のクリーチャー率は上がる。
7点:メリーラの守り手/Melira's Keepers - U
十分なサイズに感染をメタる緑の主軸。
6点:ミラディンの血気/Mirran Mettle - C
無理に金属術を狙わずとも、軽さで積極的にアドバンテージを取りにいける。
8点:ファイレクシアのハイドラ/Phyrexian Hydra - R
緑版の歩く除去。これをピックしたなら不自然な捕食/Unnatural Predationも確保したい。
4点:ピスタスの一撃/Pistus Strike - C
メインからの投入は腐る危険性もある。
5点:疫病口獣/Plaguemaw Beast - U
感染デッキ寄りのわりにこれ自体は感染を持っていない。よほどシナジーがないとイマイチ。
4点:法務官の相談/Praetor's Counsel - M
8マナ払って場に直接干渉できないのは少々悠長。墓地肥やしが無い限りは元々の引き次第でしかないのも苦しい。
6点:襞金屑ワーム/Quilled Slagwurm - U
重い上に色拘束まで強いがサイズは十分。アンコモンという点もあり、裏の手として候補に挙がる。
7点:腐敗狼/Rot Wolf - C
生き残っても感染で弱体化するため、どう転んでもアドに繋がる。
5点:絡み森のカマキリ/Tangle Mantis - C
4/4に出て来られるとすんなり押し負ける。タフネス寄りなのに持ってるのはトランプルなのも噛み合わない。
9点:最後のトロール、スラーン/Thrun, the Last Troll - M
単純な殴り合いはもちろん、装備の対象としても適役。
4.5点:不自然な捕食/Unnatural Predation - C
高打点のクリーチャーを確保できたなら。基本的にはミラディンの血気/Mirran Mettleを優先。
8点:ヴィリジアンの堕落者/Viridian Corrupter - U
除去だけでも強い上に残るのが感染付は破格。
6点:ヴィリジアンの密使/Viridian Emissary - C
感染に役立つアド付き鉄砲玉。

[編集] 多色

8点:裏切り者グリッサ/Glissa, the Traitor - M
破壊不能以外には怒涛の制圧力。マナマイアマイコシンスの水源/Mycosynth Wellspringでマナ安定を優先する価値がある。
9点:ボーラスの工作員、テゼレット/Tezzeret, Agent of Bolas - M
5/5製造機。片方色が合えばタッチも考慮。

[編集] アーティファクト

5点:刃の歩哨/Bladed Sentinel - C
4マナ枠の数合わせにはなる。
4点:荒廃鋼の巨像/Blightsteel Colossus - M
出れば勝ちだが出せない時の対策を考えた方が早い。謎鍛冶/Riddlesmithでデッキに戻せれば気持ち安定する。
9点:骨溜め/Bonehoard - R
装備コストの軽さが利点。装備して相討ち特攻するだけでこれのサイズも膨らんでいく。
6点:真鍮の従者/Brass Squire - U
これ抜きでは立ち行かない生体武器も多い。環境下に被覆こそないが、タフネス強化の装備付け替えで除去対策にもなる。
8点:銅の甲殻/Copper Carapace - C
攻撃強制ではないため腐ることは少ない。ブロックしてから真鍮の従者/Brass Squireで着替えると、コストの面でも良相性。
5点:核をうろつくもの/Core Prowler - U
3/2に近い仕事はしてくれる。増殖を活かすなら、できれば蓄積カウンターとも併用したい。
7点:ダークスティールの板金鎧/Darksteel Plate - R
修正は無いがいつでも便利。感染持ちに着けた方が良相性なのは皮肉な話。
5点:大量破壊の網/Decimator Web - R
同環境で重ねやすいライブラリー破壊叫び角笛/Shriekhorn金切り声のシルカウ/Screeching Silcawくらいなのが残念。
6点:ドロスの切り裂き魔/Dross Ripper - C
6マナ出るようになれば、相手が大型を出すまでの隙間で殴れる。
7点:皮剥ぎの鞘/Flayer Husk - C
1マナで2種類の生け贄を提供してくれる優良品。
6点:突風掬い/Gust-Skimmer - C
出が早い分、並のフライヤーよりクロックを刻んでくれることも。
4~7点:六角板のゴーレム/Hexplate Golem - C
強力な接合者がいればフィニッシャー候補。素ではあまり頼りたくない。
6点:胆液の水源/Ichor Wellspring - C
これ用に生け贄効果か金属術を用意しておくのがピックの基本戦術。
3点:知識槽/Knowledge Pool - R
マナカーブを重視したドラフトでは相当なクセを要求される。使うなら最低限宝物の魔道士/Treasure Mageは必須。
6点:ルーメングリッドのガーゴイル/Lumengrid Gargoyle - U
アンコモン以下では最大サイズのフライヤー。ダメ押しにも飛行対策にもなる。
2点:磁力地雷/Magnetic Mine - R
よほどピックを固められないと自分にも被害が及ぶ。
6点:鏡操り/Mirrorworks - R
動き出せば単純に便利。リミテッドであってもコストを食うので、生体武器の無い装備品は少なめに。
8点:迫撃鞘/Mortarpod - U
PIG効果や感染持ちなど、環境下には弾にしやすいクリーチャーが多い。
5点:マイアの種父/Myr Sire - C
色を問わない弱主の呼び声/Master's Call
7点:マイアのタービン/Myr Turbine - R
肉食いインプ/Flesh-Eater Impのエサにしたり錆びた斬鬼/Rusted Slasherを再生し放題にするのが主な仕事。
6点:マイアの溶接工/Myr Welder - R
赤メインで積極的に相手のアーティファクトを刻印していきたい。青との混色でソリトン/Solitonを刻印するとより効率アップ。
5点:平和の徘徊者/Peace Strider - U
良くも悪くも平凡。数合わせには十分。
5点:ファイレクシアの消化者/Phyrexian Digester - C
無色感染という頭数を揃えるための存在。
8点:ファイレクシアの巨大戦車/Phyrexian Juggernaut - U
大型でブロックしても機能不全に陥るため、チャンプブロックでジリ貧に追い込みやすい。
7点:ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker - R
骨髄の破片/Marrow Shardsが飛ぶこともあるため、戦場が空でも攻撃は慎重に。2マナに単体除去を撃ってくれれば儲け物。
6点:貫く徘徊者/Pierce Strider - U
感染メインでなければ平和の徘徊者/Peace Striderよりは強い。
8点:ピストン式大槌/Piston Sledge - U
大幅な打点強化。アーティファクトのサクり台にもなれる。
7点:疫病のマイア/Plague Myr - U
チャンプブロックでも仕事するため、非感染型になってもムダにはならない。
6点:精神の病を這うもの/Psychosis Crawler - R
テンポ重視だと1点を与えるだけの置物になりがち。青で生体解剖/Vivisectionとエサを確保できる自信があるなら。
6点:剃刀ヶ原のサイ/Razorfield Rhino - C
これ自体も金属術にカウントされるためサイズアップしやすい。目ぼしい6マナ域が無いようなら。
6点:錆びた斬鬼/Rusted Slasher - C
感染以外への嫌がらせ力はかなりの高さ。ヴィリジアンの爪/Viridian Clawを付けるのも良い。
5点:蜃気楼のマイア/Shimmer Myr - R
能力起動のマナを構えておくことも多く、あると便利。
2点:叫び角笛/Shriekhorn - C
大量破壊の網/Decimator Webが取れていればライブラリー破壊の後押しに。だいたいスルーされるのでピックは容易。
5点:信号の邪魔者/Signal Pest - U
気軽に打点向上に貢献してくれる。これ自体が装備して殴ることも可能。
6点:銀皮の鎧/Silverskin Armor - U
アーティファクト化は除去対象になる可能性もあるため良し悪し。
8点:皮羽根/Skinwing - U
真鍮の従者/Brass Squireとの併用で真価を発揮する。生体武器としてのサイズも並程度にはある。
5点:太陽の宝球/Sphere of the Suns - U
マナマイアが引けなかった時用に。残った置物を生け贄として活用する術も用意したい。
6.5点:回転エンジン/Spin Engine - C
パワーの高さと能力が噛み合っており、赤が濃いピックなら裏の手になる。
7点:イシュ・サーの背骨/Spine of Ish Sah - R
重いためデッキは選ぶ。ただの7マナ単発除去にならないようサクり台は積極的に確保すること。
6点:縒り糸歩き/Strandwalker - U
装備としてはいささか後ろ向き。使うなら警戒持ちを確保したい。
10点:饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine - M
修正とプロテクションだけでも強い。当然能力も強い。
7点:絡み森の大男/Tangle Hulk - C
タッチ緑でスペック採用してもいい性能。緑メインなら感染以外には当たり負けしない。
9点:飛行機械の組立工/Thopter Assembly - R
一枚で実質的に10/10飛行なら多少の遅さも気にならない。一度手札に戻る点も対感染で効果的。
7点:タイタンの炉/Titan Forge - R
カウンター加速になる増殖と弱点のバウンスが両方とも青の得意色のため、強化とカットを兼ねやすい。
4点:訓練する徒食者/Training Drone - C
装備品が無いと棒立ち。リミテッドで理想の回りを期待するのは難しい。
8点:ヴィリジアンの爪/Viridian Claw - U
感染の強化にも非感染の感染対策にもなる引っ張りだこの装備品

[編集] 土地

5点:激戦の戦域/Contested War Zone - R
適当に置くと危険。回避能力持ちなら効果自体とも相性が良い。
8点:墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus - R
感染デッキなら初手。

[編集] 参考

QR Code.gif