皮剥ぎの鞘/Flayer Husk

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Flayer Husk / 皮剥ぎの鞘 (1)
アーティファクト — 装備品(Equipment)

生体武器(この装備品(Equipment)が戦場に出たとき、黒の0/0の細菌(Germ)クリーチャー・トークンを1体生成し、その後これをそれにつける。)
装備しているクリーチャーは+1/+1の修整を受ける。
装備(2)


+1/+1修整を与える生体武器

序盤はとりあえず1マナ1/1クリーチャーとして戦闘に利用し、細菌トークン死ぬかより良い候補が出たらそちらにつけ替えという使い方が主。修整値は小さいがそれなりに便利。

登場時はリミテッドの数合わせ要員が限界と思われていたが、構築でも石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mysticを中心としたビートダウンデッキクロック・パーミッションでしばしば採用される。メインの編成でありながらいトークンを用意できるようになり、色対策カードに引っかかりにくくなる点が評価されているようだ(ミラディンの傷跡ブロックには、ファイレクシアの十字軍/Phyrexian Crusader剣サイクルなど、対抗色プロテクションを持つカードが多いが、白黒の組み合わせは存在しない)。

Pauperでは親和サイボーグといったアーティファクトシナジーを重視したデッキや、青単フェアリーなどで採用されることがある。

[編集] 参考

QR Code.gif