最後のトロール、スラーン/Thrun, the Last Troll

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Thrun, the Last Troll / 最後のトロール、スラーン (2)(緑)(緑)
伝説のクリーチャー — トロール(Troll) シャーマン(Shaman)

この呪文は打ち消されない。
呪禁(このクリーチャーは、あなたの対戦相手がコントロールする呪文や能力の対象にならない。)
(1)(緑):最後のトロール、スラーンを再生する。

4/4

4マナ4/4と高めの基本性能に加え、打ち消されない呪禁再生と三重の除去耐性を備えた伝説のトロールトロールの苦行者/Troll Asceticが1マナ増えて伝説になったら打ち消されなくなった。

十分なマナさえあれば、ほとんどの単体除去全体除去打ち消しが効かず戦闘でも死なない。回避能力はないのでそのままではで止められがちだが、装備品オーラ強化してやれば簡単に補える。

しかし登場した環境が悪く、ミラディンの傷跡ブロックには感染をはじめとするマイナス修整が溢れており、再生が除去耐性として機能しないことが多い。さまざまなデッキで多用される肉体と精神の剣/Sword of Body and Mindおよび饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famineプロテクションに引っかかるのも小さからぬ欠点。また同ブロックでクリーチャーデッキを組む場合は感染デッキになりがちなので、感染持ちではないこのカードは選択肢に入らない、という事情もある。

また、当時のレジェンド・ルールでは、コピーカードで伝説のクリーチャー対消滅させるテクニックが存在したのも苦しかった(詳細はレジェンド・ルール#過去のルールを参照)。同時期に活躍した聖トラフトの霊/Geist of Saint Traftへの対策カードとして重宝された幻影の像/Phantasmal Imageファイレクシアの変形者/Phyrexian Metamorphが、そのままスラーンへの対策カードとなってしまっていたのだ。

このように苦手とする相手も多いが、モダンエターナルでは有力なカード。特にエターナル環境はを中心とした単体除去と打ち消しによるボードコントロールを重視するタイプのデッキが幅を利かせており、それらのデッキに有利である点を買われて採用の機会が増えている。レジェンド・ルールの変更によって以前のような対策も無効になっており、より安定性が上がったことも追い風となっている。呪禁バントでの切り札は勿論、出産の殻/Birthing Pod緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenithなどのサーチカードを使ったデッキなら1枚挿しシルバーバレット要員としても活用できる。

[編集] ストーリー

詳細はスラーン/Thrunを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif